セブンカードスタッドポーカーとは? ゲームの流れやルールの説明

セブンカードスタッドポーカーとは?

まず、ライセンス。 各プレイヤーに配られた7枚のカード(変更不可)から5枚のカードを選び、最も高い手札を持っているプレイヤーが勝利するカードゲームです。

ディーラーは関与せず、各プレイヤーとの勝敗を楽しみます。 相手を出し切ることで、駆け引きを楽しむことができます。 ジョーカーを除いた52枚のカードを使います。(エースが一番強く、2が一番弱い)。

オンラインカジノには様々な種類のポーカーがあります。 お気に入りのポーカーゲームに挑戦しよう

セブンカードスタッドポーカーのゲームフロー

空いているテーブルがあれば、自由に座ってゲームを始められますし、やめたいときは自由に出ていけます。 テーブルで決められた金額のエントリーフィーチップを「Ante」と書かれた枠の中に置きます。

最初に2枚のカードを裏返し、1枚をオープンにして、合計3枚のカードを配ります。 この行為をサードストリートと呼びます。

最初のベッティングタイム

オープン1で最も弱い手札を持っている人が、最初に強制的にベットしなければなりません。 数字が同じであれば、スーツを決める。 強いものから順に、スペード→ハート→ダイヤ→スティックの順でスーツが弱くなっていきます。 強制的な賭けが終わったら、次のステップに進みましょう。

左から時計回りに以下の作業を行います。

  • コール:以前と同じ量を与える。
  • レイズ:ベット額を増やします。
  • フォールド:ゲームを終了する。

2回目のベッティングタイム

1つ1つ開いていきます。 そして、カードが発行されます。 これを「パワーストリート」と呼びます。 今回は、最強のカードをオープンにします。 ペアが形成されている場合は、強い方のペアからスタートします。 すべて同じルールです。

誰も余分にベットしなければ、余分にベットしなくてもバスに乗ることができます。 みんなが来て、ターンしたいかどうかチェックする。 これを「チェック」と呼びます。 全員が同じ量のベットをしていたら、続けてください。

3回目、4回目のベットタイム

カードは1枚づつ発行されます。 面白いことに、5番街と呼ばれています。 ここからのベットは条件付きになる可能性があります。 One for One。 6番街と呼ばれる。

5回目の賭けの時

最後の1枚は裏向きに広げられ、7番ストリートまたはリバーと呼ばれます。 これが終わると、全員でチェックを行います。 また、全員が同じ金額を賭けた場合は、ゲームを続行します。

ショーダウン(和解)

最後のベットまたはレイズの後、ハンドは時計回りに表示されます。 誰もベットやレイズをしない場合は、7番街で最初にアクションをした人から時計回りにオープンします。 最も高い手札を持っているプレイヤーが勝利します。 優勝者はすべてのチップを受け取ることができます。

その他のルール

カードの共有:8人でプレイしていて、7丁目に到達した場合、カードが足りなくなることがあります。 このような場合は、表向きのカードをテーブルの上に置いて、みんなで共有できるようにします。

ハンド:オーバーカードのペアがない場合、オーバーカードから始めて、最も高いハンドを持っている人が勝ちます。

セブンカード・スタッド・ポーカー戦略

序盤の手札から相手の手札を予測するしかありません。

ブラフだと、手札が駆け引きに入ってくるだけでなく、いきなりビッグレイズすると、みんなが車から降りてしまい、思ったよりもシェアが伸びないので、駆け引きの醍醐味を味わえます。

Relevant news