カジノルーレットのルール 遊び方、勝ち方、獲り方!

カジノの女王」とも呼ばれるが、ラスベガスやヨーロッパに比べると、アジアでは意外に人気がない。

劇場用や映画用を希望する場合は、アジア圏外かオンラインをお勧めします。

カジノルーレットの種類によって違いがある

まず、大きく分けて2つのタイプがあるので、簡単に説明します。

アメリカンルーレット

0″、”00 “を含む38個の数字で構成されています。

先に発明されたのがアメリカンタイプで、今扱っているのがアメリカンタイプです。

フレンチルーレット(ヨーロピアンルーレット)

0 “を含む37個の数字で構成されています。

アメリカンルーレットとフレンチ(ヨーロピアン)ルーレットの違いは「00」が入っているかどうかで、簡単に言えば1/38と1/37なら1/37の方が確率が高く、良いということです。

カジノルーレットの基本的なルールと遊び方(プロセス)

ブラックジャックやバカラなどのテーブルゲームとは異なり、専用のチップを使用しますので、すでにお持ちの現金やチップはディーラーに渡して交換してください。

*出金する場合は、テーブルのディーラーに専用チップを送るか、キャッシュアウトと言えば、カジノチップに戻してくれます。

チップを座席の好きなところに置いて、ベットします。

* 誰かがあなたが望む場所にベットを置く場合、そのチップの上に置いてください。

ディーラーが指でボールを弾いて「ノーモアベット」と言うまで、ホイール(リール)の中のボールを追加、削減、移動することができます。 制限はないので、何度でもベットすることができます。

ただし、すべてのベットは期限内に行わなければならず、それ以上のベットはできないので、複数の場所でプレイする場合は、自分の席がわからないと時間切れになることもあります(笑)。

締め切り後に当選番号が決定されると、ディーラーは当選番号の上にセレクションと呼ばれるアイテム(マーカーなど)を紙上に配置します。

落としたチップを先に回収し、その後にボーナスを分配する。 ディーラーがカードを拾ったら、チップを集める良いサインです。

ルーレットのルール/ベット方法、インサイダーベッティング

インサイダーベットは、赤い枠で囲まれた座席のエリアに置かれる。 全部で6パターンあります。* ()は配当率

ストレートアップ(最高配当金36円) ・・・・・・・・・・・。

番号を1つだけ選択する。 最も当選しにくいため、最大配当は36倍となります。

スプリット (18)

隣り合う数字の間の「線」の上に置き、2つを指定する。 垂直または水平で、”0″、”00″、”0″、”1 “が可能です。

ストリート(3人) (12)

左右に並んだ3つの「線」の上に置き、3つ指定する。

コーナー(4、スクエア、クォーター) (9)

4つの数字の間の「線」の上に置き、4つを割り当てる。

二重通り(線) (6)

横2列の真ん中(交差点)に2列を置き、6個を割り当てる。

5つの数字(米国のみ) (7)

ペイアウトしないし、基本的に誰も賭けないので、覚える必要はない。

ルーレットのルール/ベット方法、アウトサイドベット

アウトサイドベットは、赤枠で囲まれた数字の外側の領域に賭けることです。 全部で5パターンあります。* ()は配当率

カラー(レッド/ブラック)(2)

レッドとブラックの2種類から選択可能。

パリティ (2)

奇数(ODD)か偶数(EVEN)の2択。* 0 “または “00 “が出た場合は負けとなります。

ハイ&ロー (2)

2択で、1~18が低く、19~36が高い。

ヒット(3)

1st12 (1-12, win), 2nd12 (13-24), 3rd12 (25-36), 全3モード。

コラム(Column) (3)

2to1に置いて、1,4,7を選択・・・。 , 2,5,8 … , 3,6,9 … 縦列の、全3パターン。

カジノルーレットの勝ち方、獲り方

ホイール(リール)を4等分して、確率を4分の1にする戦略をルーレットと呼び、ストレートアップ(36回)かスプリット(18回)の組み合わせだけが増えていく。

ブックメーカーやルーレットの癖を見る必要があるので、いきなり賭け始めず、観察することから始めましょう。 たくさん稼ぎたい人におすすめなので、詳しく解説していきます。