ポーカー|キャラクターの長所・短所、ルール、必勝法などを解説[初心者にも! ポーカー 。

ポーカーは、世界中で幅広い年齢層に愛されているカードゲームのひとつです。 ルールはシンプルだが奥が深く、心理戦を楽しむことができる。 ポーカーにはさまざまな種類がありますが、基本的なルールは同じです。 ルールを覚えた後、さらにルールを覚えることで様々なカードゲームを楽しむことができます。 今回は、ポーカーのルールやキャラクターの長所・短所、プレイの仕方などを、ポーカー初心者の方にもわかりやすくご紹介していきます。

ポーカーのルール

目次

ポーカーのルール/ゲームの目的は「5枚のカードの組み合わせを強くする」ことです。 プレイヤーが自分に与えられた役割で競い合うトーナメントを思い浮かべてみてください。

ポーカーで使用するもの

ポーカーで使えるのは、トランプだけです。 通常の52枚のカード(+ジョーカー)で構成されたポーカーハンドが良いでしょう。

プレーヤー数

基本的には2人から10人くらいまでの範囲で行います。 あまり多いと状況を把握するのが難しくなるので、3~6人程度がおすすめです。

カードの強さ

ポーカーカードには強さがあり、基本的には数字が大きい方が強いとされています。 しかし、エースが一番強い。 また、他の多くのカードゲームと同様に、ジョーカーは最強のカードであり、自分の好きなカードとして使うことができます。

ポーカーキャラクターの力

冒頭で述べたように、ポーカーはキャラクター(カードの組み合わせ)によって勝ち負けが決まります。 キャラクターの強さが同じ場合は、上のカードの強さで勝敗が決まります。

ペア

同一の番号の組み合わせのセットが利用可能な状態。 ペアで対戦する場合は、数字の強弱で勝敗が決まります。 数字の強さについては以下を参照してください。

2ペア

同じカードを2セット。 1ペアと2ペアで対戦する場合、どちらのペアも最強のペア(AとAなど)よりも強い。 また、2つのペアで競った場合、数字の大きいペアが強くなります。

スリーカード

同じカードが3枚あります。 当然のことながら、1ペアより2ペアの方が強いと考えられます。

ストレート

スリーカードよりストレートの方が強い。 5つの数字が連続する状態。 ちなみに、最強のストレートは、Aから10までのシリーズ(A、K、Q、J、10)です。

フラッシュ

これは、5つの同じマーカー(ダイアモンド/スペード/ハート/クローバー)が並んでいることを意味します。 競合する場合、相手よりも高い数値を含むフラッシュが強い。

フルハウス

フルハウスは3枚のカードとペアを持っています。 フルハウスマッチでは、3枚のカードの数字の強さで勝敗が決まり、3枚のカードが同じ場合は、ペアの強さで勝敗が決まります。

フォーカード

同じカードが4枚用意されている状態のこと。 フラッシュ』や『フルハウス』よりも登場確率の低い、強力なキャラクターです。

ストレートフラッシュ

その名の通り、フラッシュとストレートフラッシュはどちらも正解です。 つまり、5つの数字が連続していて、マーカーも同じなのです。

ロイヤルフラッシュ

最強のキャラクターです。 最も強い数字(A、K、Q、J、10)がフラッシュで登場する状態を指します。 もしかしたら一生ものになるかもしれないし、ならないかもしれない。

ポーカーのプロセスと方法

ここでは、ポーカーの基本的な手法やゲームの流れを説明します。 ここですべてを知る必要はありません。 まず、全体の流れを把握しましょう。 ここでは、ヒントになるようなルールを説明しますが、使わなくても構いません。 ポテトチップスの代わりにスイーツを用意する。
  • ステップ1:手を分散させる
まず、各プレイヤーは参加チップとして1枚のチップを投入します。 親(コーディネイター)は、各プレイヤーが5枚になるまで配ります。 プレイヤーは自分に配られたカードを確認します。 この時点では、他のプレイヤーに見せないように注意してください。
  • ステップ2:アクション選択(第1週)
親の左隣のプレーヤーから順に「ビット」または「パス」を宣言する。 ポイントを獲得すると、後続のプレーヤーはパスをすることができなくなります。
後続のプレイヤーは、「コール」「レイズ」「フォールド」のいずれかのアクションを行います。 それぞれのアクションについては、次のセクションで詳しく説明します。
  • コール(前のプレイヤーと同じ数のチップを配る)
  • レイズ(前のプレイヤーよりも多くのチップを投入すること)
  • フォールド(チップを捨ててゲームを終了する)
* 誰かがレイズした後の1ターン 誰もレイズしていない場合、ファーストコールは終了します。
  • ステップ3:カード交換
プレイヤーは、不要なカードを自分のデッキのカードと交換することで、より強い手札の組み合わせを作ることができます(ドローカード)。
  • ステップ4:アクション選択(2週目)
新しいカードを渡されて2週目が始まります。 チップを発行するために小切手(パス)が申告されます。 第1週目と同様に、誰かがチップを払うと、残りのゲームではノーチェックとなります。 手順2と同様に、再度このアクションを選択します。 誰もそれ以上上げなければ、その輪は終わりです。 手札を見せて、他のプレイヤーと自分のキャラクターの強さを比べてみましょう。 最も強いキャラクターを持つ人が勝利し、すべてのチップを手に入れることができます。 これが基本的なルールです。 では、ポーカーで非常に重要な3つのアクション、レイズとディスカードについて詳しく見ていきましょう。 心理戦、ブラフ、確率については、後のセクションで説明します。

ポーカーのレイズの意味

ポーカーのアクションの一つにレイズがあります。 レイズとは、前のラウンドでプレイヤーが賭けた金額に、さらに金額を追加して賭けることです。 レイズはアグレッシブなアクションで、コストもかかります。 そのため、プレイヤーは自分のハンドが勝てると確信したときにレイズします。 強いハンドで全ベットをレイズした場合、他のプレイヤーはより多くのベットをしなければならないので、あなたが勝った時の賞金が大きくなります。 あるいは、手札が弱くても、手札を強く見せるためにレイズして、他のプレイヤーをパスすることもあります。 これをポーカーでは「ブラフ」と呼びます。 そのため、ポーカーではレイズは心理戦の一種として使われることがあります。

ミニマムレイズ

ミニマムレイズとは、最小額のレイズのことです。 例えば、ポーカーゲームのミニマムレイズを100%に設定したとします。 前のプレイヤーが40ドルをベットしたとします。 この場合、ミニマムレイズは40ドルで、40ドル(前のプレイヤーの元金)+40ドル(追加分)=80ドルとなります。 これ以下のレイズはできないので、80ドル払いたくない場合は、コールで40ドルを賭けることになります。

リレイズ

リレイズとは、前のプレイヤーがレイズしたときに、さらにレイズすることです。 ミニマムリレイズの計算は少し複雑で、以下のようになります。 ミニマムリレイズ=前回のベット額+前回のレイズ額の追加分 レイズは前のプレイヤーのベット額を100%または50%増やし、リレイズは前のプレイヤーと同じ額を増やします。 例えば、プレイヤーAがミニマムレイズが100%のゲームに50ドルを賭けたとします。 プレイヤーBは100ドルにレイズしました。 この時点で、追加分は50ドル。 次にさらにレイズした場合、プレイヤーBの50ドルが最低追加金額となり、あなたは150ドル以上を賭けることになります。 通常のレイズとは異なり、プレイヤーBのレイズの100%は最低の追加金額ではありません。 レイズとは、強いハンドを示すアクションです。 一方で、より多くのレイズをすることで、「私はより強い手札を持っている」ということになります。 これは、他のプレイヤーに大きなプレッシャーを与えることになります。 また、リレイズの後に続くレイズはリレイズと呼ばれます。

限界

レイズ時には上限額が設定されています。 これをリミットと呼びます。 リミットはテーブルによって「ノーリミット」「フィックスドリミット」「プールリミット」の3種類があります。 No Limit:No Limitとは、賭けることのできる金額に上限がないことを意味します。 テーブル上のチップから好きな金額を賭けることができます。 固定額:固定額とは、あらかじめ決められた賭けられる金額のことです。 固定されたリミットの下で行えるベットやレイズは、ベットインググラウンド前半ではBB(ビッグブラインド)数の2倍、ベットインググラウンド後半ではBB数の2倍に設定されています。 ポットリミット:ポットリミットとは、「BB額-ポット総額」の範囲内でベットできる金額のことです。 つまり、プールに蓄えられているお金の量が、あなたの賭け金の上限となります。 ただし、ベットをレイズする際には、コールするために必要な金額もプールに入っていることを考慮して、レイズ額に加算することができます。

メイクアップ

レイズとは、ポーカーの用語です。レイズとは、プレイヤーが上げる追加金額のことで、レイズメイクとは、元の金額と追加金額の合計のことです。 例えば、前のプレイヤーが100ドルを賭けたとします。 例えば、あなたがレイズしていて、前のプレイヤーの100ドルのベットに200ドルを加えて300ドルをベットしたとします。 この時点で、200ドルはレイズ、合計300ドルはトップアップとなります。 海外ではレイズとメイクレイズはこのような意味ですが、日本ではメイクレイズの意味でレイズを使う人が多いようです。 例えば、上記の例では「200ドルを上げる」ということになります。 しかし、多くの日本人は、上記の例を「300ドルを上げる」と表現する。 日本と海外ではレイズやアドオンの使われ方に違いがあるので、海外でポーカーをプレイする際には注意が必要です。

ポーカーハンドの意味

ポーカーのアクションのひとつに「フォールド」があります。 フォールディングとは、ゲームをやめること、つまりあきらめることです。 フォールディングすることで、手札が勝てそうにないときにチップを賭ける必要がなくなります。 畳んでしまえば、お金を貯めて次の試合に備えることができます。 フォールドするには、手札を表向きにしてテーブルに置きます。 そして、その手札はすぐにディーラーに回収され、他のプレイヤーはあなたの手札を見ることはありません。 フォールドしてゲームが終わるのを待つのではなく、他のプレイヤーのプレイをよく見て、それぞれのプレイヤーの特徴や癖を探ってみましょう。
  • 折り返し
フォールディングのタイミングは、相手の傾向、ハンドストレングス、ポジションなど、さまざまな要素を考慮して決めなければなりません。 そのため、このタイミングでフォールドすべきだという一般的なルールはありません。 しかし、次のような場合には、通常、折りたたみを検討すべきです。

スタート時の手札が弱い場合

悪いスタートハンドを持っている場合は、プリフロップの段階でフォールドして、ゲームに再参加する必要があります。 スタートハンドが弱ければ、バックフロップに限らず、勝てる可能性は低い。

受動的なプレーヤーが攻撃的になるとき

パッシブプレーヤーとは、ほとんどのゲームに参加しない守備的なプレーヤーのことです。 このようなプレイヤーは、よほど強いスタートハンドを持っていない限りプレイしません。 そのため、パッシブプレイヤーがゲームに参加してベットを上げれば、勝利を確信することができます。 したがって、ブラフであることが確実でない限り、パッシブプレイヤーがアグレッシブにプレイしているときは、アグレッシブにプレイするのではなく、早めにフォールドするのがよいでしょう。

チップが足りないとき

チップが少ないときは、たとえドローであっても、早めに決断してフォールドするのが望ましい。 チップが足りないと、精神的なプレッシャーがかかり、他の多くのプレイヤーがレイズやブラフをするなど、不利な状況に追い込まれることが多くなります。 勝利の確率が特に高くなく、勝率もそれほど高くないのであれば、無理にリスクを取る必要はありません。 むしろ、チップが少ないときはフォールドする回数を増やすようにしましょう。 そうすれば、あなたがゲームに参加したとき、他のプレイヤーはあなたが強いハンドを持っていると思い、フォールドしやすくなるでしょう。

ポーカーハンドの意味

コールはポーカーのアクションの一つです。 コールとは、相手と同額をベットしてゲームに参加することです。 コールは基本的にポーカーのダウンサイドアクションで、「他のプレイヤーの動きを見たい」「ターンやリバーで自分のハンドが強くなるかもしれない」といった場合に行われます。 したがって、この手札は特に強いものではなく、フロップやターンで手札が開くのを見たいときにコールすることになります。 また、フロントポジションでは、他のプレイヤーのアクションが見えないこともあるので、一時的にコールすることもあります。 また、ビッグブラインド(BB)をアンテイすることをリンプインといいます。
  • コールかレイズかの選択
コールとレイズの違いは、慎重になるか、積極的になるかの違いです。 レイズは、特に1対1の状況で、他のプレイヤーに「この手は強い」と思わせるための手段です。 一方、自分の手札が弱く、他のプレイヤーのプレーを見てみたいときは、コールします。 しかし、「コールはフォールアクション」というイメージを採用して、ハンドが強いときにあえてコールするプレイヤーもいます。 そうすることで、他のプレイヤーが上がり、最終的には賞金を増やすことができます。 基本的には、手札がそれほど強くない場合は、コールして様子を見るのが良いでしょう。 逆に、強い手札を持っている場合は、レイズやコールを適切に使い分けて、ゲーム展開に優位性を持たせることができます。

Don’t be a caller (コールばかりするプレーヤー)

ポーカーでは、単に電話をかける人をコーラーと呼ぶことがありますが、単に電話をかける人もコーラーと呼ばれます。Callerはポーカーでは否定的な意味で使われ、チップを滑らせて吐き出す人という意味です。 ポーカーでは、コールして他のプレイヤーの賞金を上げるだけでは勝てません。 ただコールするだけではなく、ポジションやハンドに応じてレイズやフォールドなど他のアクションと使い分ける必要があります。

ポーカーのブラフとは?

ブラフはポーカーの「チート」です。 ポーカーのレイズ、リレイズは強気のアクションで、強いハンドを持っているときに行う=勝てる自信があるということです。 これにより、他のプレイヤーは自分の手札に自信がないときにフォールドしてプレイすることができます。 ブラフは、ゲームの流れを利用するものです。 ブラフとは、自分の手が弱くてもあえて大きく賭けて、相手に強い手だと思わせることです。 これはハッタリです。 フォールドを押し込むことで、弱い手札でも勝つことができます。

ブラフティング

ブラフにはビジュアル・ブラフとセミ・ブラフの2種類があります。 By Abroughとは、負けがほぼ確定している状態で、レイズ、リレイズなどをして相手をフォールドさせて勝つことです。 ブアブラの場合、ターンやリバーでオープンしても、勝てる可能性は極めて低い。 一方、セミブラフとは、その時点では強くはないが、フロップやターンで開くカードによっては最高の手札になる可能性がある手札のことです。 例えば、ストレートやダックは現時点では強くありませんが、ターンやリバーでは威力を発揮します。 つまり、セミブラフでは、まずブラフしてから相手にフォールドしたいのです。 フォールドできなくても、最高のハンドをプレイして勝つことができます。 ブアブルフでは、ブラフが成功しないと勝てませんが、セミブラフでは、ブラフが失敗しても勝てるチャンスがあります。 セミブラフを保険のブラフと考えるのは簡単です。

ハッタリは禁止ですか?

ランドカジノやオンラインカジノ(オンカジ)では、ブラフは禁止されていません。 ブラフはポーカーの戦略の一つとして考えられており、問題なく使用することができます。 逆に言えば、ブラフはポーカーをより面白いゲームにする要素の一つですから、積極的に使ってください。

ブラフのテクニック

ここでは、ブラフを成功させるためのコツをご紹介します。 ブラフをかける際には、以下の点に注意してください。 フォールドしないプレイヤーにはブラフをかけない ブラフをかけるには、相手を選ぶことが大切です。 例えば、他のプレイヤーの行動から手札を予想していないプレイヤーにブラフをかけたとしても、フォールドすることは難しいでしょう。 そのため、自分のレイズやリレイズによる勝率の低さから判断して、フォールドできる人にはブラフを仕掛けることが重要です。 初心者ではなく、ある程度ポーカーに慣れている人をターゲットにするのがいいでしょう。

テーブルの画像を使う

同じテーブルで何度もプレイしていると、それぞれのプレイヤーの性格や癖が見えてきます。 普段から消極的であまりベットしない人は、こういうプレイヤーはブラフの成功率が非常に高いです。 逆に、普段からレイズやリレイズのされ方に関係なくブラフをしているプレイヤーも、信頼性が低く、その手は強いとは言えません。 つまり、ブラフを成功させるためには、通常のプレイから防御的なプレイを維持することが効果的なのです。

ブラフが効きやすい手札を使う

他のプレイヤーにブラフを説得するためには、それを合理的に説明するためのボードが必要です。 具体的には、以下に挙げるカードの枚数が多いほどブラフの信頼性は高くなります。 スーツが3つある場合:同じスーツが3つある場合、フラッシュが効いているように見せることができます。 連続したカードがある場合:9,10,Q,4など、数字がボードに近い場合は、ストレートホールドに見せかけることができます。 ボード上にベアがある場合:ボード上にペアがある場合、スリーカードハンドやフルハウスのように見せることができます。

ハッタリのタイミング

ブラフをかけるタイミングとしては、相手が連敗してお金がなくなったときなど、自分が足りないときがベストです。 流行に乗れずに負け続けると、プレイに消極的になってしまうので、それ以上は損をしないようにしています。 このような状況では、相手がフォールドしやすく、ブラフも成功しやすくなります。 他のプレイヤーがお金を持っていないときや、連敗しているときなどは、ブラフをかけるのに最適なタイミングです。

ブラフを見通す

ポーカーは単なるカードゲームではなく、観察力を駆使した心理戦です。 ですから、プロのポーカープレイヤーであれば、他のプレイヤーのジェスチャーや顔の表情を見ることもあるでしょう。 レイズやリレイズの際に、いつもと違うジェスチャーをしたり、そわそわしているようであれば、ブラフの可能性があります。 さらに、リレイズやリレイズを2回、3回と繰り返すプレイヤーもいます。 この場合、おそらくただのキチガイで、手札に関係なくベットしているのでしょう。 このように、他のプレイヤーのプレースタイルやジェスチャーからブラフを見抜くことができるのです。

心理戦が重要

冒頭で述べたように、ポーカーは「ギャンブル×心理戦」を特徴とするゲームです。 このルールを理解するだけでなく、心理戦を理解することも重要です。 他のプレイヤーのプレイの癖や表情、賭け方などを見極めることで、ゲームの結果に影響を与えることも少なくありません。 ここでは、相手の心理を探る方法を説明します。
  • チップの重ね方
チップの積み方次第では、ゲームのスタイルやテイストが非常に良くなることが多く、これは最も理解しやすいヒントの一つと言われており、その後のゲーム開発の鍵となるでしょう。 例えば、チップがきれいなプレイヤーは、慎重で精神的に強く、プレイ中のリスクのある行動パターンを避ける傾向があります。 逆に、チップがだらしないプレーヤーは、だらしないプレーをする。 つまり、ハッタリを使い、ハイリスクな行動をとる傾向があると言われています。 このように相手の行動パターンを観察することで、相手がどのようなタイプのプレーヤーで、自分がどのようなプレーをするのかを予測する手がかりになります。
  • 偽りのチップ
チップが入ったときに勇気を出して攻撃的になるということは、そのプレイヤーの手札が弱いことを意味します。 強い手を持っていても、上手なプレイヤーはそれを明かさない。 しかし、逆に言えば、弱い手札の時は、勇気が出るということです。 これは、他のプレイヤーに「行ける」と思わせたいからです。 正しく捕らえられないようにしています。 これは、ポーカーで初心者を惹きつけるために使われる最もわかりやすいトリックの一つです。
  • カードチェックの頻度
他のプレイヤーの行動を観察すると、ほとんどのプレイヤーは、1回か2回見るだけで自分の手札を覚えてしまうことを知っています。 何度もパスしている強いキャラクターのプレイヤーは、相手のキャラクターを知ることで興奮するようです。 これは、勝てる可能性が高いと思わせるパターンです。
  • 表現
ポーカーでとても大切なことは、裏を読むことです。 ポーカープレイヤーはもちろん、他のプレイヤーから常に監視されていることを意識しています。 急に叫んだり、肩をすくめたり、ため息をついたりして、最悪の手札を装うこと。 もし、プレイヤーがこのような行動をとった場合、注意が必要です。 実際に強い手札を持っている場合もあれば、強いふりをしている場合もあります。 その様子を、チップの置き方などのポイントと合わせてご紹介します。

ポーカーで勝つにはどうしたらいいですか?

ポーカーには戦略があります。 もちろん、戦略を身につけたからといって、勝てるわけではありません。 ここでの戦略は、単純に勝率を上げることです。
  • マスタリング・ジョーセキ
まず、初心者はポーカーを理解することが大切です。 ルールとキャラクターの強さを必ず確認してください。 ルールを覚えた後は定石を覚えるわけですが、ポーカーには初手に何をするか、交換するときに何をするかなど、ある程度の基準があります。 しかし、ここで一つ覚えておいていただきたいのは、ハイレベルなプレイヤーとテーブルを囲むときです。 上級者であれば、プレーヤーの癖や表情からも情報を収集することができるでしょう。 もちろん、初心者が定石通りに演奏することを前提に、すべての定石を網羅しています。 そのため、上級者と対戦する際には、常識を逸脱することを厭わないのが良いでしょう。
  • 学習技術
初級者や中級者が上級者になるためには、一定のペースで技術を習得するしかありません。 ポットコントロール、バランス、ハンドレンジ、ブラフキャッチ、期待値の取り方など、多くのことを学ぶことができます。 また、上級者になるためには、相手の心理状態を読み取り、自分でメンタルコントロールできる能力を身につける必要があります。 これを聞いて、ポーカーの旅には終わりがないと思う人も多いかもしれません。 しかし、大切なのは少しずつスキルを身につけていくことです。 もちろん、技術を身につければ勝率が上がり、それが結果的に儲かる確率につながります。
  • ちょっと強気で攻撃的な感じです。
ポーカーの利点は、その賭け金です。 ここが唯一、大金を稼げる重要なポイントです。 ポーカーは時間と注意力を必要とする攻撃的なゲームであり、肉体的なゲームでもあります。 ゲームの基本をマスターしたら、テーブルでどれだけアグレッシブにプレイするかを計算できるようになります。 初心者はどうしても慎重になりすぎてしまいます。 ほとんどの初心者は、ベットすべきところをチェックし、レイズすべきところをコールする傾向があります。 ビッグカードのペアやA-K、A-Qなどの強固なスターティングハンドを持っているときは、自分が思っている以上にアグレッシブにプレイすべきです。 これは最初から最高の手札です。テーブルが一杯になったゲームで、100%弱い手札のプレイヤーをどうやって排除するか、あるいはゲームに資金を投入し続けさせるか。 例えば、キングのペアを十分に見せることができず、他の人がプリフロップで8-4をチェックして、奇跡的にストレートをキャッチすることほど悪いことはありません。 これらのカードを見るために投資し、多くのプレイヤーをできるだけ早くポットから出すようにします。 初心者は、テーブルの他のプレーヤーに弱いプレーヤーだと思われることを恐れて、慎重になりすぎます。 つまり、強いプレイヤーが思っているポイントでベットやレイズをほとんどしないと、すぐにプレッシャーに負けてしまうのです。 そのため、多くのお金を賭けなければ、他のプレイヤーはあなたが強いハンドを持っていると思い、みんなすぐにフォールドしてしまい、あなたの手元にはお金が残りません。 アグレッシブなプレイは、大きなボトムポットを構築できることを示しています。 勝てる手があれば、できるだけテーブルからお金を絞り出すのが一番です。 これがポーカーの一番の楽しみであり、醍醐味でもあります。
  • 辛抱が大前提
アグレッシブにプレイするということは、たとえ悪い手札を持っていたとしても、全力でお金を出して、リバーで最強の手札を掴むということではありません。 確実にチップスタックのサイズをすぐに小さくすることができます。 ポーカーを考える上で最も賢い方法は、プレイするカードよりもたくさんのカードを出すことです。 多くのプレイヤーにとって、これは他のプレイヤーがテーブルに座ってゲームをしているのを見るのと同じくらい退屈なことです。 ここで注意しなければならないのは、平均の法則によれば、ライセンスを取得した手はほとんどが負け手であるということです。 強いハンドを持っていない場合は、フォールドするのが一番です。 余分な努力は許されない。 自分の手札を気にしないで済むと、他のプレイヤーをじっくり観察することができます。 大事なことは、我慢してシステムを待つことにこだわることです。 確率的には味方になるので、アグレッシブにポットの底を狙っていきましょう。
  • ポーカーの古い伝統
カードをプレイするのではなく、プレイヤーと一緒にプレイする。 高野のように細心の注意を払う。 これは、ポーカーが文脈に基づくゲームであることを巧みに表現しています。 自分のカードは、他のプレイヤーのカードと比べて良いか悪いか。K-Kがベストハンドですが、他のプレイヤーがA-Aを持っていた場合、Kingは82%の確率で負けてしまいます。 逆の状況を考えてみましょう。あなたがA-10を持っていて、相手がJ-Jを持っていたとします。フロップは10-8-6で、突然、あなたの2枚の10カードが勝つ確率が20%しかないことになります。 相手の手が気になる。 他のプレーヤーを見て、プレーの仕方を学ぶことは大切です。 コモンズで強いハンドを持っているときに、大きなブラフでポットを盗もうとするのを見たことがありますか? 珍しい手札だと思って、コールやレイズをしたくなるかもしれません。 他のプレイヤーを読むことに集中し、無意識の「コール」に気をつける。 その人がどのようなプレイをするのか、どのような習慣があるのかなど、詳細を伝える。 例えば、オーバーナイトコーラーが突然大きくレイズした場合、その人は絶対に負けない手札を持っていると仮定します。
  • 絶え間ない戦いを演じる
初心者は負ける覚悟で 例えば、エースのペアでオールインして、9のペアを持っていてリバーで3つ目の9をキャッチしたプレイヤーに負けることがあります。 このような負け方をしても信頼を失わないでください(勝てない状況での負けを「バッドビート」と呼びます)。 長い目で見れば、これらのエースは9に対して負けるよりも勝つことが多いことがわかります。 ポーカーで勝てるようになるには長いプロセスが必要で、実際のゲームで数え切れないほどのハンドをプレイすることが鍵となります。 エキスパートになるためには、より多くのスペースと経験が必要となるため、基本をしっかりと身につけるしかありません。 スキルアップのために、このポーカー戦略を実践する際には、最初の3つのヒントを念頭に置いてください。「慎重にプレイする」「必要なときには積極的に攻める」「テーブルから目を離さない」。… これにより、常にゲームを制限することがなくなります。…… ティルトモード」(冷静さを欠いたまま悪いプレーに遭遇する衝動)に陥る。 愚かな賭けを取り返すことだけに損失を集中させてはいけない。 セッションごとに、そして長期的にお金を設定して、それを守りましょう。
  • スキル開発・向上
勝ち負けの経験から多くの技術を学ぶことができます。 ポーカーはテーブルの上でマスターするだけのゲームではありません。 また、ブログを読んだり、ポーカー戦略の本を読むことでも多くのことを学ぶことができます。 他にもたくさんのポーカーブックがありますので、事前に勉強しておくのもいいかもしれません。 オンラインプレイでは、自分のスキルや知識を高めるために、適切なテーブルを選ぶことが重要です。 練習モード」のテーブルがあちこちにあるため、ゲームをしようとしないアマチュアプレイヤーが無数に存在する。 そこで、5ドル以下のローステークスのトーナメントでプレイすることを事前に決めておきます。 地道にプレイしながらスキルアップや戦略を練っていきましょう。

ゲームとしてのポーカー

ポーカープレイヤーの中には、ポーカーを生業とするプロもいます。 ポーカーが運だけのものであれば、あなたはプロではありません。 ポーカーでは、精神的なゲーム性の高さ、分析力、確率判断力、定石の暗記などが勝率を高めます。 プロのポーカープレイヤーは、これらのことを得意としています。 その奥深さと競技性の高さは、チェスや囲碁のような頭脳スポーツとして、国際オリンピック委員会(IOC)にも認められています。 現在、競技人口は1億人を超え、ますます人気の高いゲーム/スポーツとなっています。 この機会に、初めてポーカーをプレイしてみませんか?

ポーカーの種類

ポーカーは何百年も前から世界中でプレイされています。 プレイする時期や国、地域によって、ポーカーの種類が異なり、多くのバリエーションを楽しむことができます。 初心者向けのシンプルなルールのもの、上級者向けの追加ルールのもの、ハウスエッジが少なくプレイヤーが儲けやすいものなど、それぞれに特徴があります。
  • テキサスホールデム
テキサスホールデムは、世界で最も広くプレイされているポーカーゲームで、ルールもシンプルです。 1900年代初頭にテキサス州ロブスタウンでプレイされたのが始まりと言われており、今でも世界中でプレイされています。 テキサスホールデムは、ワールドシリーズオブポーカー(WSOP)で使用される人気の高いゲームです。 テキサスホールデムは、オンラインカジノでもプレイすることができます。 テキサスホールデムでは、ブラインドと呼ばれる強制的なベットが必要です。 ディーラーの左隣に座っているプレイヤーがスモールブラインド、その左隣のプレイヤーがビッグブラインドです。 まず、各プレイヤーに2枚のカードが配られ、ビッグブラインドの左隣に座っているプレイヤーからラウンドが始まります。 各プレイヤーは、コール、フォールド、レイズが可能です。 そして、第1ラウンド終了時に、4枚の共通カードのうち1枚を裏返してゲームを進めます。 テキサスホールデムのメリット ルールは簡単です。 いろいろな戦略があります。 これは最も一般的なもので、ほとんどのオンラインまたはランドベースのカジノでプレイすることができます。 テキサスホールデムのデメリット ボラティリティーが高いというイメージがあります。 人気のあるゲームなので、プレイヤーの水準は非常に高いと思います。 テキサスホールデムのバリエーション テキサスホールデムは人気のあるゲームなので、バリエーションが多いですね。 ゲームは「Pineapple」と「Crazy Pineapple」の2種類。 パイナップルは通常2枚のカードで始まりますが、最初に3枚のカードが配られます。 そして、3枚のカードのうち1枚を捨てて、ベットを行います。 Crazy PineappleはPineapple同様、3枚のカードを配り、そのうち1枚を捨てます。 しかし、Crazy Pineappleは、ベットする前ではなく、フロップが出た後に捨てられるように設計されています。
  • セブンカードスタッド
セブンカード・スタッド・ポーカーは、数十年前にアメリカで流行したポーカーゲームです。 現在では、ノーリミット・テキサス・ホールデムやポットリミット・オマハに押され気味ですが、セブンカード・スタッドを好む人も多いようです。 セブンカードスタッドポーカーは、コミュニティカードがなく、ベッティングリミットも限られています。 セブンカード・スタッド・ポーカーは、参加費としてフロア・ベットから始まります。 そして、各プレイヤーには、2枚の伏せられたカードと1枚の表向きのカードが配られます。 最も弱い手札を持つプレイヤーは、時計回りにラウンドを開始します。 この時点でカードの数字が同じであれば、どちらのスーツが弱いかを判断します。 スーツとは、最も弱いプレイヤーのクラブ、ダイヤ、ハート、スペードのことです。 そして、1ラウンドごとに1枚のカードが配られます。 最終ラウンドまで残ったプレイヤーが表示され、勝者を決定します。 セブンカード・スタッド・ポーカーの利点 ノーリミットホールデムをプレイしたことがある人なら、すぐにルールを理解できるでしょう。 カードを数えることで、勝率を上げることができます。 セブンカードスタッドポーカーのデメリット ゲームの動きは遅く、よく「つまらない」と言われます。 テーブルにいるすべてのプレイヤーがどのようなカードを使っているのかを知ることは困難です。 難しくない ラズは、セブンカードスタッドポーカーのバリエーションの一つです。 したがって、Razzのルールを見る前に、7カードスタッドポーカーのルールをよく理解しておくとよいでしょう。 Razzは、7カードスタッドポーカーのように、カードのコミュニティを持たずにプレイします。 そして、ゲームを開始すると、2枚の伏せられたカードと1枚の表向きのカードが出てきます。 ラウンドごとに追加のカードが配られ、対決時に最も弱い手札を持っていたプレイヤーが勝利します。 ラズのメリット カードを数えることで、勝率が上がります。 ゆっくりとゲームを楽しむことができます。 弱い手札が勝つので、他のポーカーバリエーションとは違った楽しみ方ができます。 ラズのデメリット 賭けられる金額には制限があります。 ランドカジノではほとんど提供されていません。

オマハ・ハイロー(Omaha Hi-Lo

オマハ・ハイローは、ハイロー・ポーカーをプレイしたことがある方におすすめです。 このゲームでは、最も強い手札を持っているプレイヤーと、最も弱い手札を持っているプレイヤーに賞品が割り当てられます。 Omaha Hi-Loでは、2枚のカードではなく、4枚のカードが伏せて配られます。 そして、手札の2枚のカードと共通の3枚のカードから役が成立します。 ローハンドにはエイトオアベターというルールがあり、8以下のカードでキャラクターを作らなければならないというものです。 8以下のローカードを持っているプレイヤーがいない場合、ポットはすべてハイカードを持っているプレイヤーに渡ります。 オマハ・ハイ・ローの利点 ゲームの難易度はそれほど高くなく、初見でもプレイできます。 オマハ・ハイ・ローのデメリット 強い手と弱い手の両方を推測しなければならないので、戦略は複雑です。 ランドカジノではあまり提供されていません。

2-7 トリプルドロー

2-7トリプルドローでは、最も弱い手札(例:ラズ)を持っているプレイヤーが勝ちます。 2-7トリプルドローでは、まず各プレイヤーに5枚のカードが伏せて配られます。 この後、ベッティングラウンドがあります。 また、プレイヤーは任意の枚数のカードを捨てて、新しいカードを受け取ることができるドローもあります。 その後、ベッティングラウンドとドローラウンドを2回繰り返します。 最後に残ったプレイヤーが公開され、最も弱い手札のプレイヤーが勝利します。 2-7のトリプルドローでは、フラッシュ、ストレート、ペアが不利で、フラッシュスーツのない「7-5-4-3-2」が最も強い。 2-7 トリプル・ドローのメリット ハッタリなどの心理戦が楽しめます。 テキサスホールデムなどの一般的なゲームに飽きたときにおすすめです。 2-7 トリプルドローのデメリット ランドカジノでは提供していないので、オンラインカジノでプレイする必要があります。
  • ファイブカード
5カードポーカーは、2-7のスリーカードに似ていますが、最も強い手札を持っているプレイヤーが勝ちます。 ファイブカード・ドロー・ポーカーでは、まず5枚のカードが裏向きに配られます。 その後、ベッティングラウンドとドローラウンドを2回繰り返します。 ドローラウンドでは、5枚の手札から好きな枚数のカードを交換することができます。 ご覧のように、5枚ドローのルールは、2-7の3枚ドローのルールとほとんど同じで、最強の手札を持っているか、最弱の手札を持っているかで、大きな違いがあります。 ファイブカード・ドロー・ポーカーのメリット ハッタリなどの心理戦が楽しめます。 公的なカードがないので、推測が必要です。 戦略を使うことで確率を上げることができます。 ファイブカード・ドロー・ポーカーのデメリット ランドカジノでは提供していないので、オンラインカジノでプレイする必要があります。
  • 中国のポーカー
チャイニーズ・ポーカーは、あまり知られていないポーカーの一種です。 しかし、通常のポーカーとはルールが異なり、カジュアルに近く、誰でも楽しめるゲームであることが特徴です。 中国のポーカーは、カジノよりも友達と一緒にプレイするのが一般的です。 中国のポーカーでは、4人でプレイします。 各プレイヤーには13枚のカードが配られ、この13枚のカードを使って、上手(フォアハンド)、中手、下手の3つのパターンを作る必要があります。 トップハンドは、13枚のカードのうち3枚で構成されています。 3つのパターンの中で一番弱いものにしなければなりません。 中の手は5枚の役で、上の手よりも強くなければなりません。 下の手札も中の手札と同様に5枚のカードで構成されています。 そして、3人のキャラクターの中で一番強くなければなりません。 各プレイヤーは、他のプレイヤーの対応する手札と対戦します。 チャイニーズポーカーでは、1ポイントあたりの金額をあらかじめ決めておき、勝った手の数だけポイントを獲得することができます。 中国式ポーカーのメリット 簡単に遊べる。 Paigo Pokerに似ています。 13枚のカードで自由にキャラクターを作ることができます。 中国式ポーカーの欠点 初心者にとって、スコアリングは複雑です。 ランドカジノがこのサービスを提供することはほとんどありません。 中国式ポーカーのバリエーション チャイニーズ・ポーカーのバリエーションとして、オープン・チャイニーズ・ポーカーがあります。 このゲームでは、最初の13枚のカードを配るのではなく、5枚のカードだけを配ります。 そして、毎ラウンド1枚のカードが引かれて役割を果たします。 チャイニーズポーカーと違って、カードを一度に見ることができないので、ギャンブル性が高いです。

ソフトパイプ(馬)

ノーリミット・テキサス・ホールデム以外のゲームをプレイしたい方には、「Horse」がお勧めです。HorsesとHORSEは、Hold’em、Omaha Hi-Lo、Razz、Seven-Card Stud、Seven-Card Stud 8 or higherです。 (ゲーム名は略語です)。 馬はこれらのゲームを順番にこなしていく。 ホースパイプの特徴は、賭けられる金額に上限があることです。 馬券は主にオンラインカジノで遊ぶことができます。 ホースは、2006年のワールド・シリーズ・オブ・ポーカーにもエントリーフィー5万ドルで出場しました。 これは、ワールド・シリーズ・オブ・ポーカーのイベントとしては最高のエントリーフィーで、143人のプレイヤーが参加しました。 優勝したアンディ・ブロッホは170万ドルの賞金を手にしました。

ホースパイプの利点

すべての種類のポーカーを一度に楽しむことができます。 どの試合でも強い選手はいないので、勝ち負けのバランスが取れているのがいいですね。 ソフトチューブのデメリット このホールをプレイするには、他のポーカーゲームの経験が必要です。 ベットリミットはつまらないものです。 バドゥーギ Badugiは、中国のポーカーのような独特のルールを持つポーカーの一種で、文字の順位が異なることが特徴です。Badugiで一番弱い手札を持っているプレイヤーが勝ちます。 Badugiでは、最初の4枚のカードが裏向きに配られます。 ベッティングラウンドは、ディーラーの左隣のプレイヤーから時計回りにスタートします。 ラウンド終了時に、プレイヤーは任意の枚数のカードを新しいカードと交換することができます。 Badugiは全4ラウンドで行われ、最終ラウンド終了後、残ったプレイヤー同士で対戦します。 Badugiは、2-7 Triple Drawに似ていますが、アクションの強さが違います。 Badugiのメリット ハッタリなどの心理戦が楽しめます。 Badugiのデメリット 公開されたカードがないため、他のプレイヤーの役割を予測することは困難です。 ランドカジノがこのサービスを提供することはほとんどありません。

ポーカーの歴史

ポーカーは最も広く使われているカジノゲームのひとつで、世界中でトーナメントが開催されています。 プロのギャンブラーも多く、カジノゲームの中でも最も有名なゲームの一つでしょう。 しかし、ポーカーがどのようにして生まれたのか知っていますか? ポーカーの起源については様々な説があり、まだはっきりしていませんが、どれだけのバリエーションが生まれたのかは興味深いところです。

ポーカーの原点

ポーカーの起源については様々な説がありますが、最も有力な説は、ポーカーの原型であるペルシャのゲーム「アス・ナス」です。 カードゲーム「As Nas」では、エース、キング、クイーンが、4枚または5枚のジャックと10枚のカードのセットで各プレイヤーに配られます。 また、ポーカーの原型とも言われ、4枚→フルハウス→3枚→2ペア→1ペアという手札の順位を、ポーカーとよく似たルールで競います。 また、ロバと茄子はすでにブラフをかけていたとも言われています。 そして、18世紀後半から19世紀初頭にかけて、フランスでは「ポック」と呼ばれるゲームが流行した。 イギリス人のShonasan Greenによってポーカーと名付けられ、人気を博したと言われています。 ポーカーがアメリカに伝わってからも発展し、1875年頃にはバカラ、1900年頃にはローボールやスプリットプールが誕生しました。 米軍基地を経由して、アジアを中心とした他国にも広がっていると言われています。 そうすれば、日本でも徐々にポーカーが普及していくでしょう。 日本ではクローズドポーカーが主流で、手を隠してプレイすることができます。 しかし、日本ではまだカジノが合法化されていないため、海外のようにポーカーが普及していないと言ってもいいでしょう。 しかし、カジノ法が成立したことで、今後は日本でもポーカーが普及するかもしれません。

ポーカーの進化

ポーカーが誕生した当時は、エースとスーツしか使わない、今よりもずっとシンプルなものでした。 しかし、1840年には2~9枚のカードが追加され、現在では52枚のカードのグループでプレイされています。 その後、1855年にドローポーカーの原型が考案され、1860年以降はフラッシュやストレートフラッシュが手札に加わったと言われています。 その後、南北戦争に従軍した兵士の間で、5枚組のスタイルが確立されていきます。20世紀に入ると、ハイ/ロー・ポーカーやローボール・ドローが導入され、1930年代後半にはセブンカード・スタッドが導入され、ポーカーは最新のものになり、ルールも複雑になりました。 さらに近年では、オンラインで遊べるビデオポーカーに加えて、カリビアンスタッドやレットイットライドなど、多くのポーカーゲームが追加されています。

その他の理論

ポーカーの起源はロバと茄子というのが主な説ですが、ルネッサンス期のゲームのプリメロやフランスのブレランが元になっています。また、中世のフランスで3枚のカードを使ったポンツーンヨットでプレイされていたという説もあります。

テキサスホールデムの誕生

ポーカーには様々なバリエーションがありますが、今ではごく一般的な「テキサスホールデム」は、1980年代から人気を博しています。 テキサスホールデムの人気の背景には、2003年に始まったワールドシリーズオブポーカー(WSOP)があります。 本大会は世界規模のポーカー大会でありながら、厳しい参加制限はなく、アマチュアからプロまで参加できる大会でした。 その後、カジノでのトーナメントに参加したことのないアマチュアプレイヤーのChris Moneymaker氏が、オンラインサテライトで1万ドルでメインイベントに参加し、予想通り優勝しました。 賞金250万ドルを獲得しました。 全米に放送されたことで、多くの人がポーカーに興味を持ち、テキサスホールデムは大人気となった。 実際、クリス・マネーメーカーが優勝したことで、WSOPのエントリー数は839から2576に増え、それに伴ってジャックポットも跳ね上がりました。 これにより、テキサスホールデムは今でも最も人気のあるポーカーの種類となっています。

有名ポーカープレイヤー

ここでは、ポーカー愛好家が知っておくべき、世界で最も有名なポーカープレイヤーをご紹介します。 ビギナーの方でも多くのことを学ぶことができます。 それぞれのプレイスタイル、職業、アドバイスなどを探ってみましょう。

海外の有名ポーカープレイヤー

  • ダニエル・ネグリエヌ
  • ジャスティン・ボノモ
  • エリック・サイドル
上記3名を含む、世界のポーカープレイヤーのトップ5はこちら。 世界を代表する美人ポーカープレイヤーはこちら。

日本の有名ポーカープレイヤー

  • 世界の横澤さん
  • 木原直哉

ポーカーのメリット

ポーカーの主なメリットは、プレイしながらお金を稼げる/好きな時にプレイできる/頭の体操になる、などです。
  • プレイしながらお金を稼ぐことができる
ある程度のポーカー能力があれば、ゲームを楽しみながらお金を稼ぐことができます。 ポーカーで生計を立てている人はたくさんいます。 自分の好きなことをして、自分の人生を歩めれば最高ですよね。 また、ポーカー大会は世界中で開催されており、この大会で優勝すれば数千万円、数億円の賞金を一度に獲得することができます。 トーナメントでは、プロのポーカープレイヤーだけでなく、初心者でも勝つことができます。 つまり、ポーカーをする人は誰でも大金を手にするチャンスがあるのです。
  • プレイしたい場所でプレイする
ポーカーは、かつてはランドベースのカジノでプレイされていましたが、現在ではオンラインカジノが登場し、いつでもどこでもポーカーをプレイすることができます。 これにより、空いた時間にスマートフォンなどでポーカーを楽しむことができます。 ポーカーの良さは、空いた時間に気軽に楽しめることです。

脳を鍛えることができる

ポーカーは運任せのゲームではなく、戦略を練って相手に勝たなければなりません。 ポーカーでは相手のカードを推測するなど、頭を使わなければならないので、頭の体操にもなります。 普段、頭を使う機会がない人は、ポーカーをプレイすることで、刺激を受けることができます。

ポーカーの欠点

ポーカーの主なデメリットは、常に頭を使うこと/多くの人が障害物を高いと感じること

常に頭を使う

ポーカーでは常に頭を使うため、他のゲームに比べて疲れを感じやすいかもしれません。 仕事の後など、気楽に楽しみたい場合は、スロットやルーレットなどのゲームが適しています。

敷居が高いと感じる人が多い

ポーカーは基本的に他のプレイヤーと一緒にプレイするものなので、参入障壁が高いと感じる人が多いのも事実です。 しかし、誰もが最初はビギナーです。 無料でポーカーをプレイする、アプリを使ってパソコンで練習する、初心者向けのテーブルでプレイするなどの対策をとりましょう。 気づいたときには、バリアはとても低くなっているはずです。

おすすめのオンラインポーカーサイト

ポーカーは人気のあるゲームなので、ほとんどのオンラインカジノでプレイすることができます。 しかし、ポーカーを存分に楽しみたいという方には、以下の2つのポーカー専門サイト「ポーカースターズ」と「888ポーカー」をお勧めします これらのサイトでは、トップレベルのポーカートーナメントや、初心者にもわかりやすい解説など、幅広いレベルのものが用意されています。 初心者から上級者まで、どこよりも多くのポーカー情報、ゲーム、トーナメントを提供しています。 詳しくはレビューページをご覧ください。

よくある質問:ポーカー

ポーカーには様々な種類があり、どれが一番おすすめなのかを決めるのは難しいです。 でも、ひとつだけ選ぶとしたら、おそらくテキサスホールデムでしょう。 テキサスホールデムは、最も多くプレイされているポーカーで、ルールを覚えるのも比較的簡単です。

ポーカーゲームの結果を決める要因は、運だけではありません。 ポーカーにはスキル、心理戦、戦略が欠かせません。 運任せのゲームであれば、プロのプレイヤーは存在しません。 ポーカーは、理論的思考が必要な奥深いゲームです。

この問題は今でも議論の的になっています。 ポーカーはスポーツですか? 実際、ポーカーはICO国際オリンピック委員会の認定を受けています。 チェスや将棋と同じ頭脳スポーツです。

最近では、日本のプロポーカープレイヤーも世界で活躍しています。 2012年に開催された第42回世界ポーカー選手権では、日本人プレイヤーの木原直哉さんが優勝しました。 日本ではプロのポーカープレイヤーはあまり知られていませんが、アメリカではプロのポーカープレイヤーが自分のやりたい職業に就いて現れることも珍しくありません。

はい。 フォールド(ゲームをやめる行為)をすると、お金を失うことになります。 しかし、勝率が低い状態でプレイを続けても、より多くのお金を失う可能性があります。 その時は折り返して、次のベストオファーで戦うのがベストです。

ブラフをかけるときは、相手のプレイスタイルを見極めること。 例えば、相手に資金の余裕があるのか、プレイヤーなのか、フォールドなのか。 また、プレイ率の低いハンドをブラフした場合は、必ずレイズを視野に入れないと、すぐに運が尽きてしまいます。

ポーカーハンドを編集(トリガー)しているのではなく、映像を編集して良いシーンを演じているだけなのです。