税金はありますか?| オンラインカジノでの確定申告の方法について

オンラインカジノをプレイする際に、税金を払わなければならないのは問題ではないでしょうか? オンラインカジノで稼いだ金額が収入と判断されるのか、税金はどのくらいかかるのかなど、基本的な情報を把握することが大切です。

今回は、オンラインカジノと税金について、初心者の方にもわかりやすく解説します。

オンラインカジノは課税対象

まず、オンラインカジノで獲得した賞品は課税対象となります。 これは、ギャンブルで得たお金は一時的な収入と考えられるからです。 一時所得とは、収入に加えて獲得した賞金や賞品などの追加所得を指します。

NTAのウェブサイトでは、一時所得を次のように定義しています。

一時所得とは、営利を目的とした継続的な活動による所得以外の所得で、労働やサービスの対価、資産の譲渡の対価としての性質を持たない一時的な所得のことです。

そのような収入には次のようなものがあります。

(1) 懸賞および賞品(業務上受け取った賞品を除く。)

(2) 競馬・競輪の払戻金

(3) 生命保険の一時金(事業者が受け取るものを除く)、損害保険の満期返戻金など。

(4)事業者からの金銭の贈与(事業のために受けたもの、連続して受けたものを除く)

(5) プロモーターから受け取ったインセンティブ、プロモーターの財産の紛失など

競馬とピンボール、オンラインカジノの違い

これまでの説明から、オンラインカジノで儲けた場合、税金を支払う義務があることが理解できます。 しかし、ここで問題になるのは、”競馬やピンボールマシンで稼いでいる人は、ちゃんと税金がかかるのか?”ということではないでしょうか。

競馬やピンボールも「(2)競馬・競輪の払戻し」に該当するため、オンラインカジノと同様に税金を納める必要があります。 しかし実際には、稼いだお金を払わない人もいます。

これは、競馬やピンボールのボーナスの支払い方法に起因するものです。 競馬やピンボールでは、賞金を受け取ると、銀行を使わずに、その場で現金で支払うことができます。 つまり、記録が残っていないのである。 そのため、賞品を受け取ったという証拠がなく、銀行にも履歴記録が残っていないため、NTAはこれを管理することができません。 言い換えれば、特定の支払い方法によって、不正が可能になったということです。 日本のピンボールや競馬の場合、NTAでは現金取引に対抗できないため、無視されているのが現状です。

一方、オンラインカジノの賞金はすべて、銀行に入金するなどして、オンラインで支払われます。 つまり、「記録=NTAが取り締まれる」ということです。 そのため、オンラインカジノでは、ピンボールや競馬のようなチート行為はできません。

後でペナルティを受けることのないように、オンラインカジノの税金を正しく納めてください。

税金の計算方法

オンラインカジノで稼いだお金はどれくらい課税されますか? この金額を算出するためには、まず暫定的な収入を算出する必要があります。 これは以下の式で計算できます。

暫定所得=所得金額-経費金額-特別控除額(最大50万円まで)

計算式を見ればわかるように、一時所得の特別控除があり、その上限は50万円に設定されています。 つまり、この特別控除額を超えた場合にのみ、税金を支払う義務が生じます。 ちなみに、この特別控除は、年間50万円が上限です。

この式をオンラインカジノに当てはめると、次のようになります。

一時所得=稼いだ金額-賭けた金額-特別控除額(最高50万円まで)

このとき注意したいのは、失った分は使った分に含まれないということです。

例えば、3月に50万円を賭けて100万円を獲得したとします。 4月に100万円を賭けて200万円を失ったとします。

この場合、支払額は50万円となります。 経費=使ったお金ですから、3月と4月の株式合計150万円が経費になると思うかもしれません。

ただし、暫定的な収入を計算する際には、収入を得るために発生した費用のみが考慮されます。 つまり、最終的に獲得できなかった4月分の金額は、計算式には全く含まれないのです。

つまり、上記の例では

0(仮収入)=1,000,000(稼いだ額)-500,000(賭けた額)-500,000(特別控除額)

この計算式を勘違いしていると、たとえ税金を払ったとしても時間がかかり、また最初からやり直すことになりますので、正しく理解しておきましょう。

暫定的な収入を計算した後、次にいくら払わなければならないかを考えます。

一時所得の支払額は、お客様の総所得に応じて異なります。

所得税の税率は以下のように設定されており、一時所得にも適用されます。

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330 万円以下10%97,500円
330万円を超え 695 万円以下20%427,500円
695万円を超え 900 万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800 万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

具体的な納税額の計算式は以下の通りです。

賃金所得+一時所得/2=総所得

この時点で、一時所得の50%が総所得に含まれます。

例えば、オンラインカジノに加えて、社会人としての年収が800万円だったとします。 1年を通してオンラインカジノから100万円の一時的な収入があったとします。

この場合は、「800万円+100万円÷2=850万円」となります。

つまり、総収入は850万円で、これを上の表に当てはめると、税率=23%になります。 8.5百万円のうち23%、すなわち1.955百万円が所得税として課税されます。

課税

オンラインカジノで獲得した賞金は、毎年2月16日から3月15日までの確定申告期間中に提出し、課税される必要があります。 年によってスケジュールが異なる場合がありますので、詳しくは内国歳入庁にお問い合わせください。

この確定申告期間中に、前年の1月1日から12月31日までに得た所得に対して税金を支払うことになります。 この期間中に、申告から納税までを済ませる必要があります。 この期間を超えた場合は、ペナルティを支払う必要があります。 確定申告は遅くなればなるほどペナルティが大きくなりますので、必要な期間内に完了させることが重要です。

3月後半になると税務署が大変混雑します。 そのため、2月下旬に確定申告書を提出することをお勧めします。 確定申告書をいつでも提出できるように、オンラインカジノを常に監視しておくとよいでしょう。

確定申告に必要な書類

確定申告には以下の2つの書類が必要です。

  • 源泉徴収票(会社にお勤めの方は、年末の初めに会社から送られてきます)
  • 支払い記録(年末年始にオンラインカジノパーティから受け取ったもの)

支払い記録は、年末にオンラインカジノから受け取ることができます。 しかし、信頼できるオンラインカジノでなければ、このような支払い履歴はないかもしれません。 そのため、獲得した賞金が最大控除額を超え、納税義務が発生する場合は、日本語のカスタマーサポートがある信頼性の高いオンラインカジノを利用するのがよいでしょう。

また、万が一、オンラインカジノの決済履歴がない場合は、自分の帳簿があっても受け付けることができます。 詳しくは内国歳入庁にご相談ください。

通常、確定申告の際には料金の領収書を提出する必要がありますが、オンラインカジノではその必要がありません。

確定申告の流れ

ここでは、確定申告の流れを説明します。

確定申告書の作成に必要な書類

まず、前述したように、源泉徴収票と支払履歴の2点を用意します。

源泉徴収票は、会計年度末に勤務先の会社から提供されます。 オンラインカジノに支払い記録を求める。

* 支払い記録の発行には時間がかかる場合がありますので、お早めにご連絡ください。

税務申告書の作成・提出など

次に、確定申告書を作成します。 確定申告書は、NTAのホームページからダウンロードできます。 または、内国歳入庁、市区町村の税務署、確定申告アドバイスサイトなどで受け取ることができます。

確定申告には「確定申告書A」と「確定申告書B」の2つがあります。

確定申告書Aはサラリーマンや年金受給者、確定申告書Bはどなたでもご利用いただけます。 会社に勤めている方はTax Return Aを、どちらを使うかわからない方はTax Return Bを使用してください。

確定申告では、所得金額、所得控除額、住民税などを記入します。

このとき、住民税の支払い方法についての注意点があります。 会社にお勤めの方は、確定申告書2ページ目の「給与所得者の他の所得に対する住民税の課税方法」で「普通徴収」にチェックを入れていないと、住民税が表示されます。ご自宅ではなく、オフィスに郵送されます。

* 会社が副収入を認めていない場合は、これが引き金になることがありますのでご注意ください。

*オンラインカジノの収入を会社に知られたくない場合は、必ず「通常の領収書」にチェックを入れてください。

確定申告書の提出

確定申告書は、Inland Revenue Departmentに直接持参するか、郵送で提出することができます。

内国歳入庁に直接持っていけば、その場でエラーを修正することができ、再提出の手間も省けます。

確定申告書を作成する際に不明な点があれば、内国歳入庁に直接問い合わせてください。

お支払い方法

  • 確定申告をして所得税を確認した後、税金を支払うことになります。
  • 税金の支払い方法は6つあります。
  • 金融機関や税務署への支払い
  • 振替納税制度の利用(4月中旬~下旬の引き落とし)
  • ATMやオンラインバンキングでのお支払い
  • 電子納税でのお支払い
  • クレジットカードでのお支払い
  • コンビニエンスストアでのお支払い

これらのいずれかを使って納税すれば、手続きは完了です。

Relevant news