ハーネス・メソッドとは?| メリット・デメリット – パーレイ方式との組み合わせ

この記事では、多くのプロギャンブラーが採用しているシステマティック・ベッティングの「ハーネス・メソッド」をわかりやすく解説しています。 ハーネス方式のメリット・デメリットを中心に、パーリー方式との組み合わせにも触れていきます。

パーレイ・メソッドのメリット

目次

まず、パーリィー・メソッドの良さを紹介したいと思います。 ルールがシンプル」「損失を一度で取り戻せる」「損失が継続しにくい」というメリットがあります。

利点 1.ルールのシンプルさ

ハーネスは、負けたら賭け金が2倍になるという、とてもシンプルな賭け方です。 そのため、オンラインギャンブルに慣れていない初心者の方でも、すぐに実践で使うことができます。

他のシステムベッティングの計算は複雑で、ペンと紙が必要です(Winning Investment MethodやMonte Carlo Methodなど)。 しかし、ハーネス法は頭の中ですぐに計算できるので非常に簡単です。

メリット2.勝てば負けを取り返せる

負けてもハーネス方式ではベット額が増えるので、勝てば払い戻し額が大きくなります。 つまり、連敗しても一度でも勝つことができれば、それまでの損失をすべて取り戻すことができるのです。

メリット3.負け続けることが少ない

ダブルペイアウトゲームでは、ハーネス方式が採用されています。 つまり、当選確率は50%です。 この場合、数学的に言えば、必ず負けるわけではありません。 ダブルペイアウトのゲームをプレイすると、以下のように連敗の可能性が低くなります。

ゲーム回数連敗の確率勝率
負けの確率 50%50%
2連敗する確率25%75%
3連敗する確率12.5%87.5%
4連敗する確率6.25%93.75%
5連敗する確率3.125%96.875%
6連敗する確率1.563%98.437%
7連敗する確率0.78%99.22%
8連敗する確率0.40%99.6%
9連敗する確率0.20%99.8%
10連敗する確率0.10%99.9%

その可能性は極めて低く、ほとんどの場合、それ以前に勝つことができます。

マーチンゲール法では、これが一貫して損失になることはほとんどなく、ほとんどが利益になります。

マーチンゲール法のデメリット

上記の3つの利点は、完璧な戦略のように見えるかもしれませんが、マーチンゲール法には欠点もあります。 主なデメリットは「利益が含まれていない」「ある程度の資本が必要」という点です。

デメリット1.利益が拡大しない

マーチンゲール法で勝った場合、最初の利益しか得られません。 連続して勝つことができれば儲かりますが、負けてもまた勝てば、ほとんど儲かりません。 そのため、短期間でお金を稼ぎたいプレイヤーにはおすすめできません。

また、利益を増やすことは容易ではないので、一度ストップアウトしてしまうと、そのお金を簡単に回収することはできません。

デメリット2.ある程度の資金が必要

ハーネス法はレイズが早いので、テーブルリミットの高いゲームを選ぶことが重要です。 この場合、ミニマムベットも高くなるので、お金がほとんどない場合は、すぐにプレイを続けることができません。

長く遊び続けられるようなテーブルリミットの高いゲームを選ぶためには、最初から大金を用意しておく必要があります。

デメリット3:勝つための心理的負担

この方法を利用することで、リスクが高まっています。 これは、損失額が急激に増加することも意味します。 賞金を取り返せるとわかっていても、負ければ負けるほど心理的負担が大きくなり、カジノゲームを楽しめなくなってしまいます。

そのため、心理的負担を軽減するためには、最初の賭け金を非常に低くしたり、早めに損切りをしたりするなどの対策が必要です。

マーチンゲール法

マーチンゲール法は非常にシンプルで、ゲームに負けるたびに、次のゲームで賭ける金額の2倍だけ賭けるというものです。

例えば、5ドルを賭けて第1レースで負けたとします。 この場合、次の試合では5ドル、2回目の試合では10ドルを賭けることになります。 さらに負けた場合は、次の試合に20ドルを賭ける。

このように、負けたら賭け金を倍にするというのがハーネスの基本ルールです。

そして、ゲームに勝つと、最初の5ドルの資本金を戻して、またゲームを始めます。 マーチンゲール法では、一度勝てば、最初のベットが利益として残ります。

20ドルを賭けたときに、上記の第3ゲームに勝ったとします。 そして、資本金の2倍に当たる40ドルを受け取ることができます。 ここまでのトータルベットは、5ドル+10ドル+20ドル=35ドル。 つまり、40ドル-35ドル=5ドルが利益として認識されます。

ハーネス方式で遊べるカジノゲーム

ハーネス方式は、ダブルペイゲームにのみ適用されます。 つまり、ブラックジャックやルーレットの赤/黒、奇数/偶数、高/低がこれに相当します。 ペイアウトが3つ以上あるゲームにマーチンゲール法を使うと、そのゲームの勝率は低くなります。 また、連続して損失を出す確率が高くなり、利益を出すことが難しくなります。

ハーネスのヒント

例えば、最初から負け続けている場合、最初のベットに戻るか、損益がその金額に達した時点でゲームを終了するなどです。

マーチンゲール法では、賭け金がすぐに膨らんでしまうので、うまくいかないときに無理にゲームを続けないことがコツです。 そのため、演奏を始める前に停止する時間を明確にし、それを守るようにしてください。

+この戦略が向いている人−この戦略が向いていない人
十分な資金がある資金が不十分
資金管理が得意勝敗でメンタルが左右されがち
連敗してもメンタルを維持できる短時間で功績を出したい

マーチンゲール法シミュレーション – ルーレット

ここでは、マーチンゲール法をルーレットで使用した場合のシミュレーションを紹介します。 例えば、赤と黒のルーレットをハーネス方式のダブルペイゲームでプレイしているとします。

シミュレーション1:5勝5敗

まず、勝敗を50としたルーレットの賭けのシミュレーションを紹介します。 そして、最初のベットを5ドルに設定します。

ゲーム回数賭け金勝敗配当損益
1回目5ドル10ドル+5ドル
2回目5ドル10ドル+10ドル
3回目5ドル×0ドル+5ドル
4回目10ドル×0ドル-5ドル
5回目20ドル×0ドル-25ドル
6回目40ドル80ドル+15ドル
7回目5ドル×0ドル+10ドル
8回目10ドル20ドル+20ドル
9回目5ドル×0ドル+15ドル
10回目10ドル20ドル+25ドル

結果はまだ出ていません。 第5ゲームで3連敗したが、賭け金を2倍にしていたので、第6ゲームですべての損失を取り返すことができた。 これはマーチンゲール法の特徴であり、最大の強みと言っても過言ではありません。 このように、マーチンゲール法では、ゲームを勝利で終わらせれば、必ず黒字になるようになっています。

シミュレーション2:5勝5敗

シミュレーション1と同様に、10回試合をして5勝5敗となったとします。 しかし、今回のシミュレーションでは、後半戦で5連敗した場合を想定しています。

ゲーム回数賭け金勝敗配当損益
1回目5ドル10ドル+5ドル
2回目5ドル10ドル+10ドル
3回目5ドル10ドル+15ドル
4回目5ドル10ドル+20ドル
5回目5ドル10ドル+25ドル
6回目5ドル×0ドル+20ドル
7回目10ドル×0ドル+10ドル
8回目20ドル×0ドル-10ドル
9回目40ドル×0ドル-50ドル
10回目80ドル×0ドル-90ドル

今回のシミュレーションでは、初戦で連勝しているので、順調に資金を増やすことができています。 しかし、後半は5連敗してしまい、損失は-90ドルに拡大。

もし、11回目に勝てば、すべての損失を取り戻し、5回の勝利で得られる利益である25ドルを得ることができます。 しかし、10回目のベットはすでに80ドルとなっており、次のレースでは160ドルをベットしなければなりません。 ここで問題になるのが、テーブルの制限です。 テーブルリミットが100ドルに設定されている場合、プレイを続けることはできないので、-90ドルでストップすることになります。

そうなると、その90ドルを取り戻すのは非常に困難です。 このようにして、継続的に損をして、最終的にはハーネスで補うことができます。

シミュレーション1、2ともに5勝5敗ですが、勝敗を繰り返す順番によって結果が異なることがわかります。

シナリオ3:1勝9敗

最後に、マーチンゲール法で9連敗した例を見てみましょう。 今回のシミュレーションでは、最初のベットを$1に設定しています。

ゲーム回数賭け金勝敗配当損益
1回目1ドル×0ドル-1ドル
2回目2ドル×0ドル-3ドル
3回目4ドル×0ドル-7ドル
4回目8ドル×0ドル-15ドル
5回目16ドル×0ドル-31ドル
6回目32ドル×0ドル-63ドル
7回目64ドル×0ドル-127ドル
8回目128ドル×0ドル-255ドル
9回目256ドル×0ドル-511ドル
10回目512ドル1024ドル+1ドル

 このシミュレーションでは、9試合連続で負けてしまいましたが、最終的に1試合勝ったため、最初の賭け金1ドルが利益として得られました。

ただし、このシミュレーションでは、シミュレーション2のテーブル制限も意識しなければなりません。

私も最初の賭け金を1ドルに設定しましたが、10レース目には賭け金が500ドルを超えていました。 このように賭け金が大きく上昇することがあるのがマーチンゲール法の特徴であり、これを意識することが大切です。

マーチンゲールの法則は禁止されていますか?

マーチンゲール法により、特定のランドベースカジノの利用が禁止される可能性があります。 しかし、ランドベースのカジノでは、カードカウンティングにそれほど厳しくないところが多いので、ルーレットやブラックジャックではハーネス法を使うことができます。

同様に、オンラインカジノではハーネスを禁止していません。 利用規約には、システマティック・ベッティングに関する記述がないため、特に制限はありません。

ハーネスを試してみたいという方は、ぜひ入金不要のボーナスをご利用ください。

ハーネスの注意点

ここでは、ハーネス方式の注意点をご紹介します。 ハーネス方式の場合、金額やテーブルリミットに関わらず、ストップアウトが必要となりますのでご注意ください。

お金の管理

ハーネスは、賭け金を2倍にするシステム的な賭けです。 そのため、ベット数がどんどん増えていくのが特徴です。 例えば、銀行に100ドルあるとします。 例えば、ハーネス法で5ドルを賭けてスタートしたとします。

負けが続くと、ベット額は5ドル、10ドル、20ドル、40ドル、80ドル、160ドルと増えていきます。 つまり、連続して負けた場合、最大5ゲームまでしかプレイを続けることができないのです。

マーチンゲール法では、このように賭け金がすぐに上がってしまうので、十分な資金を用意することが大切です。 お金が足りなければ、負けを止めなければならず、全額を失ってしまう可能性もあります。

たとえ1ドルから始められる余裕があったとしても、油断は禁物です。 ちょっと極端ですが、20ドルを連続して負けた場合、賭け金総額は1億円以上になります。 瞬く間に加算されていくシステム的な賭けであることを忘れてはならない。

テーブルリミットに注意

カジノゲームにはテーブルリミット(最大ベット額)があります。 テーブルリミットはゲームごとに異なりますが、100ドル程度のものもあります。 このテーブルリミットに達した場合、ハーネスを使って負けてもプレイを続けることはできません。

この場合、損切りもしなければならないので、注意が必要です。 負けが続くことを考えると、最初のベット額を減らすか、テーブルリミットの大きいテーブルを選ぶのが良いでしょう。

ハーネスとパレリのメソッドの融合

ハーネス方式の応用として、パーレイ方式と組み合わせるのも一つの戦略です。パーレー法はマーチンゲール法とは異なり、勝ったときに賭け金を2倍にするシステムベットです。

パーレー方式の特徴は、勝ったときに最初のベットが利益として残ることです。 一方、パーリー方式では、一度負けてしまうと、それまでの勝ち分を失い、最初のベットは負けとして確定してしまいます。

パーレー法にマーチンゲール法を組み合わせることで、このパーレー法による損益をマーチンゲール法で補うことができます。 マーチンゲール法とパーレー法の組み合わせは以下の通りです。

このようにして、勝ちの場合はパーリー法、負けの場合はマーチンゲール法というように、異なる体系的なベッティング方法が用いられます。 その時、上のシミュレーションからわかるように、ハーネス法で勝つとパーリー法の損失が補填され、損益はゼロになります。

ゲーム回数賭け金勝敗配当損益
1回目1ドル2ドル+1ドル
2回目2ドル4ドル+3ドル
3回目4ドル8ドル+7ドル
4回目8ドル×0ドル-1ドル
5回目1ドル×0ドル-2ドル
6回目2ドル×0ドル-4ドル
7回目4ドル×0ドル-8ドル
8回目8ドル×0ドル-16ドル
9回目16ドル×0ドル-32ドル
10回目32ドル64ドル0ドル

ただし、この場合は利益が出ないので、連続して勝っているときはゲームを止めて利益を出す必要があります。

ハーネス方式の改良版もあります。

ハーネス方式には、いくつかの体系的なベットの改良があります。 そのひとつが「トリプルハーネス」です。 トリプルハーネス方式は、ハーネス方式よりも収益性が高い。

トリプルハーネス方式は非常にリスクが高いので、1回の勝負で大儲けすることができます。

トリプルハーネスのメリット

トリプルハーネスは「損失をすぐに取り戻せる」「利益が大きい」というメリットがあります。

アドバンテージ1.1勝1敗

負けてもトリプルハーネスで賭け金が増えるので、勝てば払い戻し額が大きくなります。 そのため、連敗しても一度でも勝てば、それまでの損失をすべて取り返すことができるのです。 トリプルハーネスの良さは、失った金額を回復することに加えて、利益を得ることができることです。

Advantage 2.

Triple Harnessは、ハイリスク・ハイリターンのシステムベットです。 ほとんどのシステムベットは通常、利益が小さく、たとえ利益が出たとしても、トリプルハーネス法では1回の勝利で数百ドルの利益を得ることも珍しくありません。

また、トリプルハーネス方式は、連敗すればするほど利益が大きくなるという特徴があります。

トリプルハーネス方式のデメリット

トリプルハーネス方式の主なデメリットは、「資本集約型」であることと「ハイリスク」であることです。

デメリット 1.必要資本が大きい

トリプルハーネスは、負けるたびに資金が3倍になるので、賭け金がどんどん増えていきます。 例えば、初回入金額1ドルで10ゲーム連続して負けた場合、資本金は以下のように増加します。

ゲーム回数賭け金累計損益ゲーム回数賭け金
11-111
23-423
39-1339
427-40427
581-121581
6243-3646243
7729-10937729
82187-328082187
96561-984196561
1019683-295241019683

第5ゲームまでは比較的ゆっくりとベットが増えていきますが、第6ゲーム以降は劇的にベットが増えていきます。 6ゲーム目では、すでに300ドルを超えているので、この頃にはテーブルリミットに達して、ストップアウトしてしまうかもしれません。

つまり、トリプルハーネス方式を使うためには、ビッグベッター用のテーブルを選択できるだけの資金が必要なのです。

デメリット 2.ハイリスク

トリプルハーネス方式は高い収益性が期待できますが、リスクが高いのが特徴です。 連続して負け続けてテーブルリミットに達した場合や、資金が尽きた場合は、その時点で損失が確定します。 この場合、多くのお金を失うことになり、後でこのお金を回収することは非常に困難です。

トリプルハーネス方式のデメリットとしては、ハイリターンが期待できる分、損失が大きくなることが挙げられます。

3x Harnessing

まず、トリプルハーネス方式は、ダブルペイアウトのゲームにのみ適しています。

通常のマーチンゲール法では、ゲームに負けるたびに、次のゲームに前のベットの2倍の金額をベットします。 一方、トリプルハーネス方式では、その名の通り、次のゲームに前回の賭け金の3倍を賭けます。

例えば、5ドルを賭けて第1レースで負けたとします。 この場合、次のレースでは5ドル、3回で15ドルを賭ける。 さらに負けた場合は、次の試合に45ドルを賭ける。

このように、負けた額の3倍を賭けるのが3ハーネス方式の基本ルールです。 そして、ゲームに勝つと、最初の5ドルの資本金を戻して、またゲームを始めます。

トリプルハーネス方式では、一度勝てば、負けた分を取り戻して大きな利益を得ることができます。

上の例で、45ドルを賭けた第3ゲームで勝ったとします。 そして、資本金の2倍に当たる90ドルを受け取ることができます。 それまでの累積損益は、-20ドル+5ドル+15ドルの資本金となります。 3回目のゲームで勝てば、20ドルの損失を補い、25ドルの利益を得ることができます。

ノーマルハーネスでは、勝っても最初の金額しか利益として残りませんが、トリプルハーネスでは、より大きな金額が利益として認識されます。

3倍速ハーネスシミュレーション – ルーレット

ここでは、赤と黒のルーレットで3倍馬具を使用した場合のシミュレーションを紹介します。

シミュレーション1:5勝5敗

ゲーム回数賭け金勝敗配当損益
1回目1ドル2ドル+1ドル
2回目1ドル2ドル+2ドル
3回目1ドル×0ドル+1ドル
4回目3ドル×0ドル-2ドル
5回目9ドル×0ドル-11ドル
6回目27ドル54ドル+16ドル
7回目1ル×0ドル+15ドル
8回目3ドル6ドル+18ドル
9回目1ドル×0ドル+17ドル
10回目3ドル6ドル+20ドル

まず、勝敗が50/50のルーレットに賭ける場合のシミュレーションを紹介します。 ここでは、最初のベットは1ドル。

 このシミュレーションでは、勝ちの数と負けの数は同じですが、最終的な累積損益はブラスになります。

トリプルハーネス法を使えば、第6レースのように1回勝てば大きな利益が得られます。 その後何度か負けたとしても、これまでの利益で補えば、あまり損はしない。

勝ちの数と負けの数が同じでも利益が出る可能性が高いので、ダブルペイアウトの50勝ゲームで利益が出る確率は高い%となります。

シナリオ2:1勝9敗

ここでは、3倍速ハーネスを使って9連敗した例を見てみましょう。 また、このシミュレーションでは、最初のベットを1ドルに設定しています。

ゲーム回数賭け金勝敗配当損益
1回目1ドル×0ドル-1ドル
2回目3ドル×0ドル-4ドル
3回目9ドル×0ドル-13ドル
4回目27ドル×0ドル-40ドル
5回目81ドル×0ドル-121ドル
6回目243ドル×0ドル-364ドル
7回目729ドル×0ドル-1093ドル
8回目2187ドル×0ドル-3280ドル
9回目6561ドル×0ドル-9841ドル
10回目19683ドル39366ドル+9842ドル

 今回のシミュレーションでは、9連敗しましたが、1勝したのでやっと勝てました。 また、トリプルハーネス方式は、連続して負けたときほど、勝ったときの利益が大きくなるという特徴があります。 つまり、この例では9連敗しているので、10試合目で1回勝ったとしても9842ドル、約100万円の利益が出るということです。

ただし、このシミュレーションでは、3ハーネス方式の欠点として紹介されている、マネーリミットとテーブルリミットに注意しなければなりません。

最初の賭け金は1ドルに設定しましたが、第10レースの賭け金は1,983ドルと非常に大きくなっています。 したがって、十分な資金がない限り、このようにトリプルハーネス方式を利用することはできません。

よくある質問:ハーネシング

ハーネス方式では何も必要ありません。 ある程度の資金があれば、誰でもハーネス方式を使うことができます。

名前の由来には様々な仮説がありますが、一般的には南フランスのマチュー地方で生まれたと言われています。

昔、このマチュー地方の人が賭けで「ダブルプッシュ」に負けたので、それを揶揄する形でマチューのシステムを元にマーティンゲール法と名付けられたと言われています。

ハーネスは、ブックメーカーや競馬でも利用できます。 ただし、ルーレットやブラックジャックとは異なり、ブックメーカーには「ダブルペイアウト」などの固定オッズはありません。 そのため、ハーネス方式の場合、約2倍のオッズ(1.7~2.3倍)で賭けを行います。

  • お金の管理

ハーネスでは、負ければ2回賭けることになるので、連続して負ければ、瞬く間に賭ける金額が増えていきます。 システムベッティングに夢中になって予算オーバーにならないよう、資金管理には十分注意してください。

  • テーブルリミットに注意

また、お金があるからといって油断してはいけません。 テーブルの制限とお金に注意してください。 各テーブルにはベットリミットが設定されており、それ以上のベットはできません。 連敗してリミットに達してしまうと、ハーネスが継続できなくなってしまうので、テーブルを選ぶ際には事前に確認しておきましょう。

Relevant news