減損は本当に必要なのか? 正確なタイミングは? 詳細なレビュー

投資やギャンブルの世界では、「損切り保険」という言葉をよく耳にします。 損失が拡大しないようにすることが目的であり、資金管理には欠かせないものです。 この記事では、ストップロスの長所と短所、理想的なタイミングについて詳しく説明します。

ストップロスとは何ですか?

ストップロスとは、株式やETF、投信などの投資商品で、未実現の損失が出ているときに、損失の拡大を防ぐために売却することです。 また、空売りの場合は、要求価格よりも高い価格で購入します。

例えば、1株200円で100株購入したとします。 この場合、購入金額の合計は100×200で2万円となります。 購入後に価格が下がり、1個200円の価格が190円になったとします。 この時点で、仮に満額の19.000円で売却したとしても、(手数料を考慮しない場合)1,000円の損失が発生していることがわかります。

ここで、いつか株価が戻ることを期待して売らなければ、株価は180円、160円とどんどん下がっていきます。 このようなリスクを防ぐために、早めに売ることをストップロス保険といいます。

損切り保険に加入できるかどうかが、投資の勝敗を分けるといってもいいでしょう。 また、投資だけでなく、主にカジノなどのギャンブルでもストップロスは重要な役割を果たします。 ココモ方式など、さまざまな賭け方で損失を減らすことが望ましい。

これは投資の世界では当たり前のことなのでしょうか?

投資を行う際には、損失が大きくなる前に止めることが大切です。 投資の初心者であれば、ストップロスをしない人が多いですが、投資の経験者であれば、株を買うときにストップロスの注文をします。 ストップロス注文とは、「この価格で止めてください」という注文で、価格が一定以上下落したときに株を売るためのものです。 これについては、後で詳しく説明します。

ある程度投資に慣れている人は、このように注文を出すと同時にストップロスの注文も出します。 そうすることで、最初から損失の上限がわかっているので、心理的な負担が少なく、確実に損切りができるのです。

ほとんどの投資関連の書籍やウェブサイトは、ストップロスにしっかりと取り組んでいます。 これは投資の世界では当たり前のことで、初心者の方はまずストップロスを理解することが大切です。

なぜストップロス保険が重要なのか?

株価がどのように動くかを推測することは不可能です。 いつか利益が出るだろうと思って売らないでいると、損失が拡大してしまい、結局大損してしまうことになります。

そして、損失が拡大すれば、プレッシャーも大きくなる。 人によっては、チャートから目を離さないと、パソコンの前から離れられないこともあるでしょう。 また、損失が止まらずに何年も株を持ち続ける人も多い。

“Make more with less “は、投資の本質です。 そのため、損をしているのであれば、成長する前に売ることが大切です。

 ストップロスが難しい理由

ストップロスの重要性を語るのは簡単です。 そして、多くのウェブサイトや書籍等でストップロス保険の重要性が説明されています。

しかし、実際にそうするのは簡単ではありません。

実際、投資の世界では、株を買うよりも売る方が難しいと言われています。 ほとんどの投資家が未実現の損失を抱えている。

なぜストップロスが難しいかというと、人は感情的な生き物で、ストップロスはとてもトラウマになるからです。 そのため、頭では分かっていても、実際には損失を止めることはできません。

少額であっても損失を止めるということは、それを補う行為です。 つまり、損をし始めると、口座から消えてしまうのです。 だから、多くの人が足を伸ばし、お金を落とさず、「悪くない」と言っている。

ストップロスのメリット

ストップロスのメリットは大きく分けて2つあります。

損失の増加なし

早めにやめれば、損失額を最小限に抑えることができます。 そうしないと株価は下がり、最悪の場合、売り値が買い値の半分以下になってしまいます。

しかし、早い段階で損切りをすれば、損失は最小限に抑えられます。 つまり、ロスカットとは、大きな損失を回避するためのリスク回避の方法なのです。

最初に最大損失を知る

ストップロスを取る際には、まずどれだけ価格が下がるかというルールを設定することが大切です。

ストップロスポイントを決めておけば、最大損失額がわかるので、「この価格以上の損失は出ない」という安心感が得られます。

投資においては、最大損失額がわからないと、自分がどの程度のリスクを取っているのかがわからず、心理的負担が大きくなります。 しかし、損失が縮小するポイントをあらかじめ把握しておくことで、落ち着いて投資することができます。

投資は精神的に疲れるものです。 そのため、トレードをしているときにパソコンから離れて投資のことを考えることができない人が多い。 しかし、損切りラインを決めておけば、すでに最大のリスクがわかっているので、安心してトレードすることができます。

ストップロスのデメリット

ストップロスのデメリットは、ストップロスをした直後に株価が上がってしまうケースがあることです。 株価がどのように動くかは誰にも予測できません。

ですから、もちろん、ストップロス後に突然トレンドが変わり、株価が急上昇することもあります。 そのような場合、「ストップロスを取らなければよかった」「ストップラインをもっと低く設定していれば、ストップロスを取る必要はなかった」と後悔することがあります。 と思う。

このようにストップラインを設定してしまうと、本来得られるはずだった利益を失ってしまう可能性があります。

しかし、これは誰もが持っているものです。 ですから、ストップロス後にトレンドが変わったとしても、すぐに気持ちを切り替えて、いつまでもイライラしないようにしましょう。

ストップアウトのタイミング

寄り道のタイミングはいろいろあります。 資本金や戦略に応じて、やめるタイミングを決めることができます。

また、短期投資なのか長期投資なのかによっても、損失を減らす時期は異なります。 自分の投資スタイルに合ったものを選びましょう。

買い付け価格が5%~10%下落した場合のストップロス

最も簡単なストップロスの方法は、購入価格が5%から10%下がったところでストップすることです。 例えば、2,000円の株を買った場合、株価が1,800~1,900円になった時点でストップする。

実際、多くの投資家がこの方法を利用しており、特に入札価格が10%下落した場合には、この方法が有効です。 しかし、この数字は自分で決めることができます。 資金が限られていて、少しでもリスクを減らしたい場合は、事前にロスカットすることも可能です。

一方、リスクを取ってもいいという方は、最大で20%程度のリスクを取って、トレンドが変わるのを待つこともできます。

独自の価格設定

損失額をパーセンテージで決定する以外に、自分で損失額を決定することもできます。 この場合、1万円損したら損失を減らす、5万円損したら損失を減らすという判断になります。

例えば、1株1,000円で100株の株式を購入したとします。 そうすると、購入価格は100.000円になります。 1万円損したら損切りというルールを決めているのであれば、売値が9万円になったとき、つまり株価が900円になったときが損切りラインになります。

このとき、余裕のある初期損失額を設定することが大切です。 この金額を失ったとしても、頭の中が混乱しないように、我慢できる金額を設定するようにしましょう。

取引期間の決定

次に、トレードの期間を決める、株式の保有量について説明します。 最初に、1週間や1ヶ月など、どれくらいのストックを持つかを決めます。 その時期が来れば、必ず株を売ります。

しかし、この場合、その時期が来る前に株価が急落してしまう危険性があります。 したがって、取引時にストップロスを置きたい場合は、最初の2つのルールのいずれかを同時に設定するのが無難です。

トレンドが止まる

ある程度の投資経験があれば、テクニカル分析を行ったり、トレンドを読み取ったりするとよいでしょう。 効果的なのは、チャートから抵抗線や支持線を読み取って、ブレイクアウトが起きたらストップアウトすることです。

株を買ってから下降トレンドに入った場合、株が上がるまでに時間がかかることもあれば、上がらないこともあります。 そのため、トレンドが変わるタイミングを推測し、ストップラインを置いておくと良いでしょう。

トレンドを読むときは、移動平均線、RSI、ボリンジャーバンドなどの各種指標を使ってチャートを分析してみましょう。 また、ストップラインを正確に決めるためには、チャート分析を理解することが重要です。

ロスを減らすためのポイント

ここでは、ロスカットを行う際のポイントをご紹介します。 これらは、投資する際の重要な原則であり、よく確認する必要があります。

一度決めたルールは変えない

ストップロスを取る際に最も重要なことは、ストップラインを決して変更しないことです。 ストップラインを決めていても、実際に株価がその価格に近づいてくると、「もう少し様子を見よう」とストップラインを変更する人が多い。

しかし、この場合、損失額が増加し、損失を減らすことが困難になると、未実現損失が増加する可能性があります。

将来的に株価が上がるかもしれない」という気持ちは理解できます。 起こりうることです。 しかし、そのようなことはほとんどなく、損失を減らすことでトータルの損失を小さくすることが可能です。

したがって、ストップロスラインを設定したら、それを変更せず、必ず守るようにしてください。

トータルバランスを考える

投資をするときには、常にすべてのトレードで勝ちたいと思っています。 しかし、いくら経験豊富なプロの投資家であっても、それは不可能です。

投資とは、すべての取引で利益を上げることではなく、長期的に利益を上げることです。 そのためには、すでに述べたように、「小さく負けて大きく勝つ」ことが大切です。

ストップロスを確実に行うことができれば、損失はほとんどありません。 株価が上がれば、大きな利益を得ることができます。

一度に取引に集中しすぎると、簡単には損失を止めることができません。 ですから、投資には長期的なバランスが大切ですから、小さな損失に固執しないでください。

感情に振り回されない

投資の際には感情のコントロールが重要です。 感情に流されてしまうと、いつまでたっても損失が止まらず、どんどん大きくなってしまいます。

そのため、投資の際には欲張ったり、頑固になったりしないことが大切です。 いずれにしても、常に冷静に考え、判断できるようにすることが大切です。 感情をコントロールすることは、投資の一番の失敗であることを認識してください。

損失が大きくなりそうで、心理的負担が大きい場合は、しばらく投資から遠ざかるのも良いでしょう。

逆指値注文を出す

損失を減らすには、勇気が必要です。 そこで、ストップロスオーダーを使って自動ストップロスを可能にしてみましょう。

ストップロスオーダーとは、あらかじめストップロスラインで売ることを指示する注文方法です。

この逆指値注文をあらかじめ設定しておけば、頻繁に株価をチェックしなくても、指定した金額まで株価が下がったときに自動的に売れるようになります。 特に、忙しくて頻繁に取引ができない場合は、必ずこのストップオーダーを使用してください。

ストップオーダーには、「マーケットオーダー」と「リミットオーダー」があります。 成行注文とは、指値注文がこの価格でしか売れないのに対し、指定した価格以下であればいくらでも売ることができる注文方法のことです。 成行注文の場合、思ったよりも低い価格で売られてしまうこともありますが、注文は確実に実行されます。

一方、指値注文は、もちろん指定した価格で売ることができますが、その価格で売ることができなければ、注文は成立しません。 これは通常、株価の変動が激しい場合に起こります。 このような場合、注文が実行されずに指定された金額を超えたとしても、未実現損失が増加する可能性があります。 これでは、ストップロス注文を出す意味がありません。 そのため、ストップロスを確保するための成行注文が重要となります。

オンラインカジノのストップロスについて

オンラインカジノは、実際のお金を使うので、ギャンブルの一種です。 投資のように利益が出ることもあれば、損失が出ることもあります。

そのため、オンラインカジノでプレイする際には、ストップロスを取ることが大切です。

オンラインカジノをプレイしていると、ゲームに夢中になって自分の負け額に気づかず、負けた分を取り返そうとプレイを続けていると、さらに負け額が増えてしまいます。 あります。

そのため、オンラインカジノをプレイする際には、ストップロスラインを確保するようにしましょう。

10万円あったら、例えば5万円になってゲームをやめたら、3時間遊んだら絶対にやめる、というようなルールを決めましょう。

オンラインカジノでは、入金額やプレイ時間を制限する機能を持ったセルフリミッターがあります。 また、一定期間ログインできないようにログインを制限することも可能です。 損失を止められるかどうか自信がない場合は、このようなツールを使って強制的にストップロスをかけることも必要でしょう。

セルフリミットを設定するには、マイページから設定するか、カスタマーサポートに連絡する必要があります。 その設定方法はカジノによって異なりますので、使い方をよく確認して、セルフリミットツールを有効に活用してください。

オンラインカジノでの損失を最小限に抑える方法をしっかりと確認し、思った以上の損失を出さないようにしましょう。

Relevant news