ブックメーカーのアドバンテージは0%になるのか? 各ベットの値の計算と合計

オンラインカジノやスポーツベッティングを行う際には、専門用語を理解することも重要です。 馴染みのない方は知らない用語も多いと思いますが、ギャンブラーとして知っておきたい用語のひとつに「ハウスエッジ」があります。

この記事では、なぜハウスエッジが重要なのか、その意味についての基本的な情報をご紹介します。

ハウスエッジとは

“House Edge “は英語で「ハウス・エッジ」と書き、控除の意味があります。 つまり、体の一部なのです。 オンラインカジノの場合はカジノ側の利益、スポーツベッティングの場合はブックメーカー側の利益をハウスエッジと呼びます。

つまり、プレイヤーから見れば、ハウスエッジは、オンラインカジノやスポーツベッティングを利用するためのコストと考えることができます。 したがって、ハウスエッジが低いほど、プレイヤーにとっては有利になります。

オンラインカジノでは、ハウスエッジのセットは、カジノゲームごとに異なります。 そのため、少しでも多くの利益を得たいのであれば、ハウスエッジが低いカジノゲームを選ぶことが重要です。

ハウスエッジの計算方法

ハウスエッジとは、カジノ側の取り分のことです。 では、ハウスエッジはどのように設定されているのでしょうか?

では、ルーレットを例にハウスエッジを説明しましょう。 ここでは、ホイールの1から36までの数字に加えて、0,00のアメリカのホイールを使うことを考えてみましょう。

アメリカのルーレットには38個のパーツがあるので、ボールが数字に当たる確率は1/38です。

ルーレットで数字に賭けることを「ストレートベット」といいますが、このストレートベットでは36倍の賞金が出ます。 つまり、1/38のオッズにもかかわらず、36の配当しか得られない不利なゲームであることがわかります。

この場合の控除率は以下のように計算されます。

(1 – 36 / 38) x 100 ≒ 5.26%

つまり、控除率は約5.26%であり、この率がオンラインカジノの利益から必ず差し引かれることになります。

ベットあたりのハウスエッジ

ここまでは、カジノゲームによってハウスエッジが異なることを説明してきましたが、ベットごとにどのような違いがあるのでしょうか。 オンラインカジノはプレイヤーにとってシンプルなギャンブルなのか?

ここでは、各ベットのハウスエッジをご紹介します。

日本の宝くじ45.7%
スポーツくじ49.6%
競馬25.9%
競艇25.2%
競輪25.0%
オートレース25.2%
パチンコ10~20%
麻雀10~15%(ゲーム種によって異なる)
カジノ1~5%(ゲームによって異なる)

上の表からもわかるように、日本のカジノアドバンテージはすべて10%を超えており、全チケットの約半分がカジノアドバンテージとなっています。 これに対して、オンラインカジノのカジノエッジは最低でも1%に下がりますので、プレイヤーへの還元率は非常に高いと言えるでしょう。

さらに、同じカジノであっても、ランドベースのカジノとオンラインカジノでは、カジノエッジが異なります。 すべてのオンラインカジノは、オンラインであるがゆえに、設備や人件費がかからない。 しかし、ランドカジノでは、設備費など多くのコストがかかります。 そのため、必然的にカジノ側の取り分、つまりカジノ・アドバンテージが非常に高く設定されることになります。

これにより、同じカジノゲームをランドベースのカジノでプレイするよりも、オンラインカジノでプレイした方が稼ぎやすくなるのです。

各カジノゲームのハウスエッジ

オンラインカジノは、他のギャンブルに比べてカジノエッジが低いため、プレイヤーにとって大きなメリットがあります。 オンラインカジノでも、ゲームごとにハウスエッジは異なります。

オンラインカジノでプレイする際、どのようなゲームを選べばよいのでしょうか?

以下、各ゲームのハウスエッジをご紹介します。

ルーレットアメリカンルーレット5.26%
 ヨーロピアンルーレット2.70%
バカラプレイヤーに賭けた場合1.24%
 バンカーに賭けた場合1.06%
ブラックジャックベーシックストラテジーを使用した場合0.4~0.6%
クラップスドント・パスに賭けた場合1.36%
 パス・ラインに賭けた場合1.41%
ビデオポーカー 0.1%~5.0%
オンラインスロット 1.0%~5.0%
キノ 29%

これらから、ハウスエッジはゲームごとに異なることがわかります。 また、クラップスやバカラの場合は、何に賭けるかによってハウスエッジが異なります。

したがって、オンラインカジノで勝つためには、上の表にしたがって、ハウスエッジの低いカジノを選ぶことがポイントになります。

また、ビデオポーカーの中で最もハウスエッジが低いのも特徴です。 そのため、スキルを身につけてハウスエッジを下げることができれば、ポーカーでお金を稼ぐことが容易になります。

RTPとハウスエッジの違い

オンラインカジノで遊んでいると、「RTP(Return To Player)」という言葉をよく目にします。 還元率とも呼ばれています。

つまり、ペイアウト率とは、プレイヤーに還元される元金の額のことです。 例えば、ペイアウト率が95%の場合、1万円をゲームに使った場合、9,500円がプレイヤーに還元されることになります。

ペイアウト率とカジノの優位性を混同される方が多いのですが、ペイアウト率とカジノの優位性は密接に関係しています。 賭け金のうち、プレイヤーに還元される部分がペイアウト率で、カジノがコミッションとして得る部分がカジノエッジです。

ペイアウト率が95%と表示されている場合、カジノアドバンテージは100%から95%を引いた5%と計算できます。 オンラインカジノでは通常、ハウスアドバンテージではなくペイアウト率が記載されていますので、ペイアウト率を見たときにハウスシェアの割合を自然に計算できるようにしておくとよいでしょう。

ハウスアドバンテージ0%?

カジノゲームには必ずハウスエッジがあります。 ただし、ブラックジャックやポーカーなど、個人のスキルによって勝率を上げることができるゲームでは、ハウスアドバンテージをゼロに設定することができます。

ポーカーで安定して勝てるスキルを身につけたり、ブラックジャックで基本的な戦略やカードカウンティングを駆使すれば、ペイアウト率は100%を超えることもあります。 つまり、実力次第では、コミッションがゼロになることもあるのです。

カジノゲームは能力だけでなく運も必要な場合があるので、安定して勝つことは非常に難しいですが、カジノエッジを限りなくゼロに近づけることは不可能ではありません。

ハウスエッジを見る

ハウスエッジはギャンブルにおいて非常に重要な要素であり、ハウスエッジを見れば、プレイヤーがいかに簡単に儲けられるかがわかります。 今からギャンブルを始めるときは、必ずハウスエッジを確認して最適なゲームを選んでください。

Relevant news