責任あるギャンブルとは|ギャンブル依存症の危険性

人は楽しみのためにギャンブルをする。 しかし、時にはギャンブルが問題になることもあります。 では、このような場合、どのように行動するのが正しいのでしょうか?

まず、ギャンブルとギャンブル依存症の問題について考えてみましょう。 正しい理解と予防により、安心して楽しむことができます。

責任あるギャンブルとは何ですか

楽しむためだけのギャンブルであれば、責任を持ってギャンブルをすることができます。 ここでいうエンターテインメントとは、日常生活を楽しくする活動のことです。

一方、ギャンブルの目的が金儲けであれば、責任を持ってギャンブルをすることは困難です。 お金を稼ぐためにギャンブルをしているのであれば、それは薄氷を踏むようなものです。 つまり、とても不安定なのです。

では、ギャンブル依存症を表す曲線を見てみましょう。

上のグラフは次の3つを示しています。

  1. 楽しむためのギャンブル
  2. お金のためのギャンブル
  3. お金を取り戻すためのギャンブル

このグラフでは、1から3になるにつれて、ギャンブルの楽しさが減っていくのがわかります。

この曲線をよりよく理解するために、ギャンブル問題とギャンブル依存症を定義してみましょう。

ギャンブルの問題点は何ですか

ギャンブル依存症の人は、ギャンブルをすると自分をコントロールできなくなります。 より多くの時間をギャンブルに費やすことになります。 しかし、ネガティブな要素ではなく、遊び心があるのが特徴です。

ギャンブル依存症とは

ギャンブル依存症のマイナス面はもっと明らかです。 周りの人もその変化に気づくようになります。 経済的にも精神的にも、大きな影響を与えることになります。

また、本人が必死になってギャンブルに使えるお金を集めようとするのも特徴的です。

この時点で、ギャンブルはもう楽しくありません。 それどころか、失ったお金を取り戻そうとギャンブルに没頭してしまいます。

この2つの定義は、ギャンブル依存症の曲線の2と3に対応しています。

娯楽としてのギャンブルに話を戻しましょう。

娯楽としてギャンブルを楽しみたい場合は、例えば以下のような害の少ないギャンブルを行うのが良いでしょう。

  • 地元のスポーツクラブを応援するためのチケット購入
  • スクラッチカードの購入
  • バーのブラックジャックテーブルに30分座って、月に1回20ドルしか負けないこと
  • ラスベガスでの休暇中に200ユーロを失う

これらのギャンブルはお勧めできませんが、人生には楽しみがあることが大切です。 ギャンブル依存症になるリスクを抑えながらギャンブルを楽しみたい場合は、上記のようにリスクを抑えてギャンブルを楽しむのが一番です。

ギャンブル依存症を防ぐために

ギャンブル依存症を防ぐためには、まずリスクを理解することが必要です。

まず、ギャンブルをする際には、リスクがあることを理解する必要があります。 ギャンブルをすると、誰もが勝ちたいと思うものです。 ただ、ギャンブルでは負けることもあります。 したがって、問題のあるギャンブルにお金を使うべきではありません。

ギャンブル依存症の人が失うものは、お金だけではありません。 ギャンブルの悪影響を心理的に受けている場合は、助けを求める必要があります。

ここでは、ギャンブル依存症を具体的に予防する方法をご紹介します。

楽しむために遊ぶ

ギャンブルはお金を稼ぐためのものではありません。 ギャンブルは本来、娯楽の一つであるはずです。 ギャンブルで生計を立てるためなど、お金のためにギャンブルをしてはいけません。

予算を守る

ギャンブルをするときは、必ず予算を決める必要があります。 自分を見失っても、問題のある資金はギャンブルにしか使わないようにしましょう。

定期的にギャンブルをされる方は、毎月の限度額を決めておくとよいでしょう。 このように予算の範囲内でギャンブルをすることで、継続してギャンブルを楽しむことができます。

休憩

ギャンブルには多くの時間が必要です。 そのため、ギャンブルをする際には定期的に休憩を取り、気分を変えることが大切です。 ストレッチをしたり、友達と話したり、何でもいいのですが、その間に何かをすることが大切です。

自分を理解する

また、ギャンブルにおける自分の行動パターンを理解することも重要です。 また、ギャンブルがどのように人生を変えるかを十分に理解することも重要です。 一歩下がってギャンブルを考えることで、リスクをより理解することができます。

飲まない

ギャンブルをするときは、アルコールを飲まないようにしましょう。 お酒を飲めば、判断力が弱まり、自分をコントロールできなくなります。

そのため、常にアルコールを飲まずにギャンブルをしてください。

日記をつける

また、自分の行動をしっかり把握したい場合には、ジャーナリングが効果的です。 毎日、何本のゲームをしたか、どんな気分だったかを日記に書くことで、自分の行動を把握することができます。

質問に答えよう

以下の質問に答えて、自分がギャンブル依存症であるかどうかを確認してください。

Q: あなたがギャンブルをするとき、次のような行動が見られますか?

  • お金をたくさん稼ぎたいという気持ちが高まっている
  • 罪悪感、不安感、羞恥心などの感情。
  • ギャンブルに費やす時間とお金を減らすことができないこと
  • 愛する人や家族にギャンブルの習慣を隠している

このような場合は、自分がギャンブル依存症であるかどうかを自己診断してみるとよいでしょう。 このセルフチェックでは、簡単な質問に答えることで、フィードバックを得ることができます。 また、改善のためのアドバイスも受けることができます。

預金限度額

Vera John Casinoでは、毎日、毎週、毎月のライン入金額を設定することができます。 最後の入金日から算出されます。 設定された金額を超えて入金しようとすると、上限に達したことが通知されます。

例えば、毎週の入金限度額が200ドルだったとします。 火曜日の午後2時に200ドルを入金したとします。 この場合、次回の入金は、翌週の火曜日の午後2時以降となります。

セッション制限

ギャンブルに時間をかけすぎていると感じる場合は、セッションの制限を設けるとよいでしょう。 この機能を使って、再生可能な時間数を設定することができます。

このセッション制限に達すると、制限に達したことが通知され、自動的にログアウトされます。

再度ログインするまで、カジノプレーを再開することはできません。 セッションの上限に達したら、しばらくギャンブルをしないようにしてください。

リアリティチェック

リアリティチェックとは、セッション制限と同じように、一定期間ギャンブルを続けた場合に通知される機能です。 リアリティチェックは最大240分まで設定できます。

設定されたプレイ時間に達すると通知されます。

リアリティチェックは、セッション制限とは異なり、強制的にログアウトさせられることはありません。 ただし、限界に達した場合は、休んだほうがいいでしょう。

損失限度額

お金を失うことは、ギャンブルではよくあることです。 そのため、万が一の事態に備えて事前に準備をしておくことが大切です。

ロスリミットを利用して、何日分のロスをするか、どれくらいのロスをするかを設定することができます。 この上限に達した場合は、その旨が通知され、翌日まで自動引き落としとなります。

このロスリミットは、お客様が預け入れた金額のうち、どれだけが失われたかを計算するだけです。 獲得した賞金に対して損失が発生した場合は、この損失限度額には含まれません。

アカウントの閉鎖

ギャンブルにハマっていると感じたら、口座を解約するのも一つの手です。 Vera John Casinoでアカウントを閉じた場合、再開することができます。

自己排除

セルフエクスクルージョンとは、一定期間、お客様が自分のアカウントにアクセスできないようにする機能です。 自己除外を設定すると、理由の如何を問わず、指定された期間が経過するまでアカウントにアクセスすることができなくなります。 指定された期間が過ぎれば、お客様はご自身の判断で再びアカウントにアクセスすることができます。

アカウントを永久に削除されたくない場合は、アカウントを閉じるのではなく、自己削除機能を利用するのが最善です。

ギャンブル依存症の支援機関

ギャンブル依存症と感じている方は、支援団体を利用することもできます。 どのオンラインカジノもサポート組織を導入しています。

代表的な支援組織を紹介します。

ギャンブルに関する認識

ギャンブル依存症とその治療に関する情報を提供する独立した慈善団体です。

公式サイト:https://www.begambleaware.org/

ギャンブル療法

ギャンブル依存症の方を対象に、サポートグループ、フォーラム、リソースデータベース、メールサポートなどを提供しています。

公式サイト:https://www.gamblingtherapy.org/en

ゴードン・ムーディ

ギャンブル依存症の方を対象とした、無料の家庭用リハビリテーション・リカバリーサービスです。

公式サイト:https://www.gordonmoody.org.uk/

ギャンブラー・アノニマス

ギャンブル依存症に苦しむ人々を支援する団体。 また、ギャンブラーのためのサポートグループもあります。 特徴としては、匿名で使用できることです。

公式サイト:https://www.gamblersanonymous.org.uk/

よくある質問:ギャンブル依存症

自分に問題があると思ったら、まず自分の行動を分析してみてください。 ギャンブル依存症に不安を感じている方は、自己診断を行うことをお勧めします。

助けが必要な場合は、ギャンブル依存症の人のための支援組織を利用することをお勧めします。 また、サポートグループからの推薦は、各オンラインカジノのカスタマーサポートに相談することで得ることができます。

他の一般的な依存症と同様に、ギャンブル依存症の症状は様々な形で現れます。

大まかに言うと、ギャンブルで自分をコントロールできなくなり、生活のあらゆる面に支障をきたすことを意味します。

No Content

Relevant news