今回は、世界中のカジノで人気のあるブラックジャックのゲームを紹介します。 映画やテレビ番組でブラックジャックがプレイされているのを見たことがある人は多いと思います。

ブラックジャックは、プレイヤーとディーラーの間で行われるシンプルなチキンゲームです 手持ちのカードを21に近づけた方が勝ちです。 逆に言えば、21を超えれば負けです。

このゲームは、あなた(プレイヤー)とディーラーの間で行われます。 例えば、同じテーブルに複数のプレイヤーがいる場合(6~7席程度)でも、勝ち負けは関係ありません。

そこで今回は、基本的なルールから勝つための方法までをご紹介します! お時間のない方は、下記のカタログをご利用ください。

21ポイントルール

さて、次はルールについてです。

下の図に示すように、ブラックジャックのゲームは、テーブルの両側にプレイヤーに2枚、ディーラーに1枚のカードが配られて始まります。

プレイヤーはカードを見て、「別のカードを引く」「待つ」などの行動をとります。 プレイヤーがアクションを起こした後、ディーラーの伏せられたカードがめくられ、ブラックジャックに近づけたプレイヤーが勝利します。

意外と簡単?

しかし、ブラックジャックを利用する上で、絶対に気をつけなければならないことがあります これがカードの数え方です。 次のセクションで確認してみましょう。

カードの数え方

ブラックジャックのカードは、少し変わった方法で数えられます。 下の図を参照してください。

2-10の場合。

2~10は、カードの枚数と同じで、そのままカウントします。

J / Q / K用。

これらのカードは、従来のポーカーの数字(11/12/13)ではなく、すべて「10」としてカウントされます。 トランプの数字と間違えないように注意してください。

のためのものです。

エースは、「1」や「11」としてカウントされる特別なカードです。 プレイヤーは手持ちのカードを見て、エースを「1」「11」と数えることができます。 それを引けば、とても幸運で、とても好ましいことです。

これで、カードを数えることができます。 次に、ゲームの流れを見てみましょう。

ゲームの流れ

  1. ベッティング

まず、任意の金額を賭ける。 ベットの幅はテーブルごとに異なりますので、テーブルに座る前にご確認ください。 これは、オンラインカジノでも同じで、プレイするブラックジャックゲームの種類によって、ベットレンジが異なります。

  1. カード配布

テーブルにいるすべてのプレイヤーがベットをしたら、ディーラーは各プレイヤーに2枚のカードを配ります。 1枚のカードは伏せて配られ、もう1枚はディーラー自身に表向きに配られます。 上の写真を見てください。

ちなみに、ゲームとは直接関係ありませんが、裏向きのカードをボトムカード、表向きのカードをアップカードと呼びます。

また、1デッキや2デッキの場合、ゲームを行う際にディーラーが手札を全て保持するのが一般的で、これをパームゲームと呼ぶ。

一方、シューゲームとは、4つ以上のスーツのカードを使ったゲームのことです。 その名の通り、シューと呼ばれるゲームで、未使用のカードが入った箱からカードを配ります。

  1. アクションの選択

そして、プレイヤーは、プレイ中のカードに応じて、次の行動を決めます(ディーラーよりも21に近い)。 プレイヤーは基本的に以下の5つの選択肢からアクションを選びます。

21に近づきたい人はクリックしてみてください。 今の手札で勝負できる/21を超えると思ったら(バースト)もっと引けば立ち上がる。 勝つ可能性が低いと思えば、それは降参していることになる。 これに加えて、ゲームを有利に進めるために、特定の状況で使えるスプリットやダブリングなどの動きがあります。

ちなみに、プレイヤーは何度でも打つことができます。 もちろん、21を超えて引きすぎたら負けです。 アクションが決まると、ディーラーのカードは表向きに見えなくなります。 これがブラックジャックの醍醐味です。 上記のアクションの後にめくられるフェイスダウンカードを賢く予測する必要があります。

  1. ディーラーの番です。

プレイヤーがヒットやストップなどのアクションをとった後、ディーラーが動く番です。 まず、ディーラーはフェイスダウンのカードを1枚めくります。 緊張の瞬間です。 そして、ディーラーは、カードの合計枚数が17枚を超える前に引かなければならないというルールがあります。

もちろん、ディーラーが21以上を持っていれば、プレイヤーの勝ちです。 つまり、ブラックジャックは、いかに21に近づけるかではなく、いかにディーラーを先に吹っ飛ばすかというゲームとも言えます。

ブラックジャックのスプリットについて

スプリットとは、2枚のカードが現在同じである場合に取れる行動です。 例えば、2と2、5と5、10とJのように、2枚のカードの点数が同じ場合、ディーラーはスプリットするかどうかを尋ねます。 10s、Jacks、Queens、Kingsはすべて「10s」としてカウントされるため、同じ数字と判断され、スプリットすることができます。

スプリットの場合は、2枚のカードを2つの手に分けて、両方の手でディーラーと対戦します。 各プレイヤーにはシェアが必要です。 したがって、2回目のハンドでは、最初のプリンシパルと同じ額を賭ける必要があります。

10ドルを賭けて先にスプリットした場合、トータルベットは20ドルになります。

分割する機会

分割する機会はほとんどありません。 そのため、同じカードが出てくると、”分割したほうがいいのでは?”と考える人が多いのです。 しかし、フラットなスプリットでは確率は上がりません。 カードを分割して勝率を上げるためには、どのカードを分割するかが重要です。 また、ディーラーの手札にもよります。

ここでは、分割に最適なタイミングを説明します。 この状況でスプリットすべきかどうかは、ゲームのアドバンテージになることを覚えておいてください。

8sと8sについて

8本の手が一組になっていれば、合計はすでに「16」になっています。 だから、カードを増やすと高確率で吹っ飛んでしまう。

スプリットの場合、”10 “があっても最大値は “18 “となり、バーストしません。 18 “であれば、ディーラーが負ける可能性が高いです。 そのため、「8」のカードが2枚配られたら、それを分けることが大切です。

エースを2枚配る場合

2枚のエースが配られた場合は、必ず分けてください。エースは「11」とカウントされる場合と「1」とカウントされる場合がありますが、エースが2枚の場合は両方とも「1」とカウントされますので、合計は「2」となります。

この場合、「2」から打って数字を足していくよりも、割り切って高い数字を狙っていく方がいいでしょう。 手元にエースがあっても、次のカードで「10」や絵札が出ればブラックジャックになるので、勝率は高いです。

ただし、エースを2枚のカードから分離した場合は、1回の手で1枚のカードしか引けないことに注意してください。

9’s and 9’s

9の手のペアを持っている場合、合計はすでに “18 “なので、その手は悪くないと思います。 この場合、ディーラーのアップカードに応じて、スプリットすべきかどうかを決めます。

ディーラーのアップカードが2-6の場合、ディーラーはバストになる可能性が高いので、スプリットしてツーハンドで勝つことができます。

一方、ディーラーのアップカードが8または9で、ディーラーのダウンカードが10または絵札の場合、スプリットは「18」「19」などとなり、9のペアよりも強くなる可能性があります。 そのため、このパターンでは分割して「19」を狙うのが良いでしょう。

7ポイントと7ポイントで

7のペアの場合、スコアは “14 “となり、決して強くはありません。 この場合、ディーラーの2~7枚のカードだけがスプリットされます。 オープニングハンドが2-7の場合、ディーラーが爆発する可能性が高いので、スプリットで両ハンドを獲得できる可能性があります。

6Sと6Sで

6のペアの場合、スコアは「12」となり、ヒットするリスクが高くなります。 この場合、ディーラーの手札が3-6の場合は引き分けとなります。

6でドローした場合、ハンドはダブルアップになりやすいが、ディーラーはブローになりやすいので、勝利が期待できる。

3と3の時、2と2の時

3sと2sのペアは、少人数では強い手ではありません。 そのため、分割して高得点を狙うのが良いでしょう。

ただし、この手札をスプリットに使うのは、ディーラーのオープンハンドが2-7の場合のみです。3と2はブラックジャックでは弱いのですが、ディーラーのオープンハンドが爆発しそうな場合は、ドローにすると勝つチャンスがあります。

ブラックジャックのダブルダウンについて

ダブルベットとは、ベットを2倍にして勝負する行為のことです。 ブラックジャックは、まずベットを設定します。 例えば、10ドルの賭けをしたとします。 そして、ライセンスカードとディーラーのフェイスアップカードを見て、「勝つ可能性が高い」と確信したら、ダブルベットを置いてベット額を倍にします(この場合は20ドル)。

ランドカジノでベットを2倍にするには、最初のベットの隣に同じ数のベットを置き、人差し指で指します。 そして、ダブルダウンの後、別のカードが配られます。 ダブルアップの場合は、この後1枚しか追加できません。

もう1枚カードを引いて「21」に近づけたいと思っても、ダブルダウンしてしまうとそれができません。 ダブルダウンのリスクは、元本を増やす代償として1枚しかカードを引けないことです。 そのため、ダブルダウンのタイミングを考慮する必要があります。

倍返しのタイミング

ここでは、具体的にダブルダウンのタイミングを見てみましょう。 ダブルダウンのタイミングは具体的に決められているので、以下のような手札を持っている場合は、積極的にダブルダウンを狙ってみましょう。

手元にエースがあるとき

手持ちのエースがあれば、「1」や「11」とカウントできるので、ダブルアップしてもバーストするリスクは非常に低い。 そのため、積極的に入って、ベットを2倍にするのが良いでしょう。

しかし、手札にエースがあってダブルダウンしたい場合は、ディーラーのフェイスアップカードを確認する必要があります。

例えば、ディーラーがフェイスアップで18以上の高得点を持っている場合、ディーラーはバストになる可能性が高いです。 この場合、賭け金を2倍にして小さな数字が出たとしても、勝てる可能性があります。

一方、ディーラーのフェイスアップカードがエース、テン、絵札の場合は、ディーラーがブローする可能性は低いです。 この場合、ダブルスで1枚しかカードを引けないと、負けてしまう可能性が高くなります。 そのため、ダブルダウンをせずに通常のゲームをするのがよいでしょう。

ハンドが9/10 / J / 13-18の場合

ブラックジャックでは、ハンドが9/10 J13-18の時にダブルダウンするのがベストです。 これから、それぞれのパターンについて、その理由を詳しく説明します。 以下の例をすべて覚えておけば、実践で何を倍にするべきかすぐに判断できます。

スコアが「9」の場合

手札が「9」のとき、ディーラーのボトムカードが3~6の場合、ダブルにします。 ディーラーの2枚目のカードが「10」と予想される場合、配られるカードの合計枚数(3~6枚)は「13~16」となります。

ブラックジャックでは、ディーラーのスコアが16以下の場合、ベットを続けなければなりません。 そのため、フェイスダウンカードの枚数が10枚であっても、ディーラーは必ずレイズするように行動します。

そうすると、ディーラーが爆発する可能性が高くなるので、ベットを倍にして攻めるのが良いと思います。

スコアが「10」の場合

手札が「10」のとき、ディーラーのボトムカードが「2-9」の場合はダブルアップ。 これは、ダブルハンドが「10」の場合、スコアが「20」となり、非常に強い手となるからです。

ディーラーのカードが「9」の場合、レイズされたカードが「10」であっても「19」となり、プレイヤーの勝ちとなります。

スコアが「11」の場合

ハンドが「11」のとき、ディーラーのボトムカードが2~10の場合は2倍になります。 ブラックジャックでは「10」が出る確率が高いので、この手札ではブラックジャックの「21」を狙うことになるでしょう。

だから、ダブルダウンすることが望ましい。

スコアが「13-18」の場合

ハンドが13(エースと2)から18(エースと7)の場合、ディーラーのハンドが4から6の場合はダブルダウン。 手札の合計が13(エースと2)から18(エースと7)の場合、余分なカードがあっても吹っ飛びません。

ブラックジャックボーナス

ブラックジャックでも、勝ち方によってボーナスが変わります。 下の表をご覧ください。

戦況 詳細 配当
ブラックジャックで勝利 手持ちカードの合計が21でピッタリ 1.5倍
ディーラーよりも21に近い 手持ちカードの合計がでディーラーより21に近い 1倍
ディーラーがバースト ディーラーの手持ちが21を超えた 1倍

ゲーム名にもなっているブラックジャックで勝てば、ジャックポットが他よりも高くなることがわかります。 ブラックジャックの場合、引き分けではなくバンカーの勝ちです。 同点の場合はドロー(フェイスオフ)となり、全額返金されます。

初心者がブラックジャックをプレイするときに陥りやすいミスとは?

ここでは、初心者の方がブラックジャックをプレイする際に陥りがちなミスをご紹介します。 どのようなミスが多いかを知り、基本的なミスを避けるようにしましょう。

1.まだアクションを使いこなせていない

初心者の方は、ひたすらヒットとスタンディングを繰り返すパターンが多いようです。 これでゲームに支障はありませんが、スプリットダブルスを使いこなせるようになれば、間違いなくプラスになります。 まずは、スプリットとダブリングに取り組んでみましょう。

慣れてきたら、次はどのタイミングでどんなアクションを起こすか。 幸いなことに、21ポイントには一定の基準があります。 基本戦略」という表には、その基準がまとめられています。 初心者の方には、基本的なストラテジーを使った練習も同時に行うことを強くお勧めします。

2.Don’t surrender

また、初心者が避けがちな行動に「サレンダー」があります。 服従は単に服従です。 配られた両方の手が弱い場合は、相手なしでサレンダーするのがベストです。 その後、株式の半分が返却されます。 例えば、ブラックジャックでは16ハンドの手札が一番弱いと言われています。 そのため、手札が16の時にサレンダーするのがベストです。 状況に応じて適切な行動をとることで、勝率を上げることができます。

3.デッキの数にはこだわらない

ブラックジャックでは、ゲームに使用するデッキの数が、ランドベースのカジノやテーブルによって異なります。 デッキ数が多ければ多いほど、カジノのアドバンテージは高くなります。 ブラックジャックをプレイする際には、スーツの数が少ないテーブルを選ぶのがベストです。

また、スーツの数が少ないと、箱の中にどのカードが残っているかを予測しやすくなります。 これにより、ブラックジャックで勝つための方法であるカードカウントが容易になります。 ランドベースのカジノではカードカウンティングを禁止しているところもありますので、それができないとなかなか難しいです。 しかし、カードカウンティングの概念を覚えておくといいでしょう。

4.エースとの付き合い方がわからない

エースには1と11がありますが、これは初心者には少しわかりにくいかもしれません。 そのため、エースがいる場合は、どちらが計算に適しているかを検討する必要があります。

例えば、エースと6枚のカードを持っている場合、合計点数は7点または17点となり、ここにもう1枚エースを加えると8点または18点となり、3枚加えると11点または21点となります。

エースを持っていて合計がわからない場合は、ディーラーに聞いてください。 Aの場合、Aを11とマークすることをソフトハンド、1とマークすることをハードハンドと呼びます。 つまり、エースと6枚のカードを持っている場合、7枚をハードハンド、17枚をソフトハンドと呼びます。

また、「エースと2」「エースと3」「エースと4」「エースと5」「エースと6」を持っていても、絶対にスタンドしてはいけません。 この手札だと、プレイしても爆発しないので、カードを追加して合計値を「21」に近づけることが重要です。 エースがいればゲームを有利に進めることができるので、積極的にプレイして攻めることが大切です。

5.間違ったテーブルを選んでしまった

初心者の方は、テーブルを選ぶときに正しい判断をしても、間違ったテーブルでプレイしてしまうことがあります。

どのテーブルに行くかを決める際には、各テーブルのルールやミニマムベットを確認する必要があります。 一番重要なのは、ブラックジャックの自然なボーナスが出たときです。 お支払いが6:5か3:2かをご確認ください。 これは通常、ディーラーの右側にあるロゴに表示されています。 6:5の場合、10ドル賭けて勝っても12ドルしかもらえません。 一方、オッズが3:2の場合は、10ドルのベットに対して15ドルが戻ってきます。 オッズが6:5以下の場合は、他のテーブルでプレイしてみてください。

また、ブラックジャックの通常のルールでは、ディーラーはスコアが17の時はスタンド、スコアが16以下の時はヒットしなければなりません。 ただし、テーブルやランドベースのカジノによっては、スコアが17の場合、ディーラーはソフトハンドでボールを打たなければならないというルールがあります。 このルールでは、ハウスが高いアドバンテージを持つことになり、プレイヤーにとっては不利な状況になります。 ハウスが17を打つか打たないかは小さな違いですが、ハウスアドバンテージに差が出ますので、テーブルを選ぶ際にはこの点をチェックする必要があります。

テーブルルールに加えて、ミニマムベットも確認しておきましょう。 ブラックジャックを始めたばかりの方は、ミニマムベットが最も低いテーブルでプレイしてみてください。 ミニマムベットが低い場合は、3ドル、5ドルなどから遊べるテーブルを探すことができます。

ブラックジャックでは、テーブルごとに細かくルールが決められており、プレイヤーに不利に働くことがたくさんあります。 ブラックジャックはもともとペイアウトが少ないことに加え、テーブルによってルールが異なります。例えば、スプリットした後にダブルアップすることはできません。 また、テーブルに独自のルールがいくつもあると、初心者の方は混乱してしまいますので、使用を避けた方が良いでしょう。 まずは簡単なルールを選び、ゲームに慣れることから始めましょう。

ブラックジャックの歴史

ブラックジャックは、今やランドベースのカジノでもオンラインカジノでも、当たり前のように使われていますが、なぜこのような人気ゲームになったのでしょうか? ブラックジャックはいつ、どのようにして生まれたのか、そしてなぜ今のように人気があるのかをご紹介します。

ブラックジャックの起源

ブラックジャックは、18世紀にフランスで生まれたと言われています。 フランスには「Vingt-et-Un」というゲームがあって、これは「21」という意味です。 このゲームはブラックジャックの起源と言われています。Vingt-et-Unは、当時フランスで行われていたChemin de FerやFrench Fermeを発展させたものと考えられています。

また、この頃のスパングでは「ワン・アンド・サーティ」というゲームが行われていました。 これが1と30のブラックジャックゲームの起源だと言われています。

このように、18世紀にはすでにブラックジャックに似たゲームが存在していたのです。

また、ブラックジャックはローマ人が開発したという仮説もあります。 また、古代ローマ人が積み木に数字を書いて遊んでいたという説もありますが、これはブラックジャックの起源ではありません。 ローマ人もギャンブルが好きだったので、ギャンブルというゲームがローマで生まれたのは不思議ではありません。

このように、ブラックジャックの起源については様々な仮説があり、どれが正しいかははっきりしていません。

19世紀~アメリカ

ブラックジャックはヨーロッパで生まれ、当初は広く使われていました。 しかし、19世紀になるとフランスではギャンブルが禁止され、それ以降ブラックジャックは人気がなくなっていきました。 そこでフランス人移民がブラックジャックをアメリカに紹介し、アメリカ全土でプレイされるようになったのです。

ブラックジャックがアメリカに伝わったのは、ニューオーリンズに最初のカジノが誕生したときです。 他の州ではまだカジノが合法化されていなかったが、ブラックジャックの人気は高まっていた。

1854年、フランスの女性、エレノア・デュモン(マダム・モスターシュ)の活動が注目された。 アメリカに移住してからは、ディーラーとして活躍し、美容やファッションの分野でも活躍しました。 エレノア・デュモンは「Vingt-et-un」という賭博場を開きました。 女性はお店に入れず、お金を持っている男性だけが入ることができました。 噂を聞きつけた多くの男たちが、彼女の美しさを一目見ようと集まってきた。 これがブラックジャックがアメリカに渡った理由の一つだと言われています。

ブラックジャックはますます人気が高まり、1930年代にはラスベガスで3番目に人気のあるゲームとなりました。 1950年代にはクラップスに次いで2位だった。

名前の変更

アメリカでブラックジャックが普及したことで、カジノのオーナーはボーナスなどを提供してお客さんを呼び込むようになりました。

あるカジノでは、スペードのエースとブラックジャック(クラブまたはスペードのジャック)で21点を取った人に10倍のボーナスを提供していました。 このボーナスの愛称が定着してブラックジャックという名前になったと言われています。

ブラックジャックの流行

ブラックジャックはアメリカ全土でプレイされていますが、ギャンブラーの間でのみプレイされており、大々的には行われていません。

ブラックジャックが世界的に注目されるようになったのは、1960年代にアメリカの数学者が必勝法を編み出したことによる。

1962年、Edward Oakley Thorp氏が『Beating the Dealer』という本を出版しました。 この本では、確率論に基づいたブラックジャック戦略として、「基本戦略」と「カードカウンティング」が有効な必勝法として今も使われています。

さらに、エドワード・オークルソープは著書の中で、ブラックジャックはこの2つの必勝法で完全に攻略できることを数学的に証明しています。 これにより、それまでギャンブルに興味がなかった人も、カジノに行ってブラックジャックでお金を稼ぐことができるようになりました。 ブラックジャックは大流行した。

このようにして、ブラックジャックは人気を博し、世界中に広まり、カジノの人気ゲームとなった。 現在でも、多くのギャンブラーに支持されています。

無料ブラックジャック

ブラックジャックを無料でプレイしたい方は、オンラインカジノを利用することをお勧めします。 実際には、登録しなくてもほとんどのオンラインカジノで体験モードを利用することができます。 お気に入りのオンラインカジノにアクセスして、ゲームのリストからブラックジャックを探してください。

ただし、ブラックジャックは、入金ボーナスを必要としない除外・禁止ゲームとして設定されている場合がありますので、ご注意ください。

もちろん、フリーモードなので、実際に賞品を獲得することはできませんが、費用は一切かかりません。 ランドカジノに行く前の練習に最適です。

日本のプレイヤーにもよく知られているVera Johnカジノでは、ブラックジャックの種類がとても豊富です。 シンプルなブラックジャックから、ルールを追加したブラックジャックまで、20種類以上あります。 興味のある方はレビュー記事をご覧ください>Vera & John|人気カジノの秘密を徹底解説

よくある質問:ブラックジャックについて

奥が深いゲームですが、基本的なルールは比較的簡単なので、すぐに遊べます。

オンラインカジノでは使用できません。 多くのランドベースのカジノでは禁止されていますが、一部ではまだ利用可能です。

これは、標準的なブラックジャックをまとめたわかりやすい表です。

そうですね。 保険のリターンは非常に低いと言われています。

トップ5のカジノは、17種類のビデオブラックジャック+ライブブラックジャックを提供する「Vera John Casino」と「Kaji Journey」です。 Kaji Journey」では、「Kaji Journey」プレイヤー専用のテーブルが用意されています。

はい。 ほとんどのオンラインカジノで無料で試すことができます。 本当に儲けるためには、現金でプレイする必要があります。

これは完全なブラックジャック戦略ガイドです。 とても奥の深いゲームで、個人的にも好きな作品のひとつです。

最後に、ブラックジャックを無料でプレイして賞品をゲットしたい方へ 当サイト限定のノーディポジットボーナスを提供しているカジノをご確認ください。 詳細はこちら>>ノーデポジットボーナス一覧