「2in1方式」で最初に覚えておくべきことは何ですか? 具体的な例を挙げて使い方を詳しく説明する

2in1方式とは?

2-in-1法は、ヨーロッパやマカオのカジノでは非常に人気のある勝負法です。 カジノゲームでは、勝つ確率、負ける確率を、負ける確率、勝つ確率よりも高くすることができます。 しかし、敗者と勝者がいる限り、常に勝てるゲームは存在しないのです。 勝っても負けてもカジノの醍醐味が味わえます。 カジノゲームで効率よく勝つためには、負けたときにいかにリカバリーするかが最も重要です。

この記事では、2in1ベットの方法、例、注意点などを説明したいと思います。 損失のリスクを減らし、利益を追求する。

特徴

2in1法とは、簡単に言えば、モンテカルロ法をアレンジした戦略です。 それは、次にどれだけ賭けるかを知るための戦略です。 半確率的なベッティングゲームにも使用できます。 要するに、負け犬の遠吠えですか。 負けた金額を紙に書いて、両端の金額の合計を賭けます。

失われた量を一括して回収するのは、モンテカルロ法とよく似ています。 モンテカルロ法でも、数字の羅列が作られ、当選すると両端の数字が消される。 しかし、2in1方式では、両端から1つずつ数字を消していきます。 これは、モンテカルロ法の簡易版です。 負けた金額を紙に書いて、その金額を確認しながら賭けていく方法なので、少しでも安定して稼ぎたい人向けの戦略ですね。

大きな賭けをしなくても勝てるのは、負けた分を何倍にもして取り返す方法だからです。 コストがかからないので人気があります。 同じ金額で勝ったり負けたりすると、少しずつベットが増えていきます。 ツーインワン方式では、一連の数字を消去すると、失った金額が回復します。

ご利用いただけるカジノゲーム

2in1方式で使用できるベットは、オッズが半分(50%)のダブルペイアウトベットです。 主なゲームとしては以下の3つがあります。

ルーレット

ルーレットで勝つ確率が半分(50%)のダブルペイアウトベットは以下の通りです。

赤と黒の賭け(イメージ:イエローボックス):赤か黒に賭ける方法

ハイ/ローベット(イメージ:赤枠):ハイナンバー(19~36)またはローナンバー(1~18)に賭ける方法

奇数・偶数ベット(イメージ:青枠):奇数・偶数に賭ける方法

バカラ

ダブルペイアウトのバカラのベットで、勝つ確率が1/2(50%)のものを以下に示します。

BANKER(イメージ:赤枠):BANKER側が勝つように賭ける方法

PLAYER(イメージ:青枠):PLAYER側に賭ける方法

ブラック・ジャック

また、カジノのディーラーとプレイヤーが1対1で勝負するブラックジャックでも対応可能です。

例1

2in1方式で49試合を行った結果は以下の通りです。 ハイライトされた赤いマーカーは、2in1法を使用した回数(成功回数)を示しています。

例2

初めて黒に1ドル使う。

負けた場合、2回目は再び1ドルしか賭けられません。

その番号は以下の通りです。

1, 1

ここで負けてしまうと、例えば1回目の1ドルと2回目の1ドルのように

黒い数字の列の両端に合計2ドルを賭ける。

ここでさらに負けてしまった場合は、右手に負けた金額を書いてください。

1, 1, 2

そして、2つの端を足して3ドルを賭ける。 また負けた場合は、右に負けた金額を記入します。

1, 1, 2, 3

両端を足して4ドル賭けます。ここで勝ったら両端を消します。

1, 2

そして、2つの数字を足して3ドルを賭けます。

これを勝つまで行い、両端を足して合計を賭け、負けた場合は右端に負けた金額を記入し、勝った場合は両端を消します。 列に数字がなくなると、そのセットは終了します。

ツーインワン方式の具体例

初めてのこと/失敗したこと

2回目の負け

三度目の正直

4回目で敗退

5勝目

6敗目

7敗目

8勝目

9敗目

10勝目

11勝目

この場合は

倍率、総損益、数値は以下の通りです。

ファーストとファーストの損失、合計-1

1

第2戦、第1戦での損失、合計-2

1, 1

3位と2位の損失、合計-4

1, 1, 2,

4th and 3rdでの失点、合計-7

1, 1, 2, 3

5位と4位を獲得、合計-3

1, 2

6位と3位で敗退、合計-6

1, 2, 3

7位と4位を失い、合計-10

1, 2, 3, 4

8位、5勝、合計-5

いくつかの

9位と5位で敗退、総合10位

2, 3, 5

10位獲得、7回、合計-3

3

11回の優勝、3回の優勝で合計0

2イン1方式のデメリット

2in1方式のデメリットは以下の通りです。

  • 急激な損失の連続が続き、マイナスの流れになると不利
  • 連勝が続いた場合は、勝負法が使えない
  • 連敗数÷2が必要な勝利数となり、連敗が続く場合は損失を回復するために勝利が必要となります。

概要

  • 損失を個別に回収することができるので、費用を抑えることができます。
  • 勝つか負けるかで順番が変わってくるので、手順を正しく覚えておくことが大切です。
  • 1回の勝ちで2回の負けを取り返せるのは強みです。

前述の通り、2in1法は失われた金額を2回回収する戦略なので、失われた金額を回収することだけを目的とした手法となります。 これは非常にローリスクな必勝法です。 ただし、手順を正しく覚えておいてください。勝ち、負け、ゲームベットに基づいて、常に変動の順番をカウントすることになります。

Relevant news